【成長力】結果を出すためには、何かを捨てる事から始まる

□脳をだます、脳は単純
□本棚がカラだと無意識に補充したくなる
□結果は待っていても達成できない
□まずは行動が大切
何かを捨てるという行動が結果につながる
七星です。
結果を出すためには、何かを捨てることから始まります。

脳をだましてください。脳は単純な生き物です。

例えば、本棚にたくさん本があったとします。
本当に必要な本だけを残して、あとは全部捨ててください。
本棚がガラガラだと、脳ミソは空白を嫌うので本を補充したくなります。

行動を起こすと、脳はその対価を求めます。
本を捨てる→本を補充する→本を読む→情報を手に入れる→
手に入れた情報を使いたくなる。

ここで結果を出すための流れができます。まずは行動が大切です。
そのために何かを捨ててください。

いきなり嫁を捨ててはダメですが、本を捨てるのはいいと思います。
何かを捨てると、脳ミソは空白を嫌うので行動を起こしたくなります。
最初の一歩を踏み出すために何かを捨てるということを覚えておいてください。
例えばテレビを見るのをやめる。
自分の中で大切なものを捨てると流れが変わります。

【成長力】無料の情報には、人は価値を置かない

□無料をもらってもうれしくない
□有料のものが無料でもらえるとうれしい
それは有料に価値を置いているから
□無料をあげるのではなく、有料のものを無料であげる

こんにちは、七星です。
無料の情報に人は価値を置かない。

今は、無料の時代になっています。
本を無料でくれたり、返金保証をつけたりという世の中になっていますが、 無料でもらっても人は喜びません。

有料のものを無料でもらえるとうれしくなります。
それは有料に価値を置いているからです。

この映像も無料なのでうれしくないかもしれませんが、1カ月1万円をいただいて
毎日1通ずつ送っているものが無料だとしたら、その瞬間に価値が上がります。
なおかつ得をした気分になります。

無料をあげるのではなく、有料のものを無料でプレゼントしていることを伝えます。
そうでなければ、せっかく無料でプレゼントしているのに価値が上がらない。

お金の使い方として「生き金、死に金」、この概念に近いですが、
無料の情報に人は価値を置かないということです。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

【成長力】結果重視なら同時に進行してはいけない

□マルチタスクとシングルタスク
□結果重視ならシングルタスク
□成長重視ならマルチタスク
□人と仲よくなるのならシングルタスク

こんにちは、七星です。
結果重視なら同時進行してはいけません。
シングルタスクとマルチタスクがあります。

マルチタスクとは、例えばパソコン上で、ワードとエクセルと、フォトショップ、
インターネットエクスプローラー、メール配信システムなど、
複数のプログラムを同時に起動するのがマルチタスクです。

例えば、任天堂のWiiやDSはシングルタスクで、1つのゲームしか起動できません。
複数を同時進行できるのか、1つだけなのか。
これがシングルタスクとマルチタスクの違いです。

結果を出したい場合はシングルタスク、1つのことに集中してください。
当たり前のことですが、これができません。

例えば、仕事の企画があれば、その日はそれしかしないと決めます。
メールチェックは朝10時と夕方5時だけと決めるだけでもシングルタスクになります。

1時間に1回メールチェックをしていたのでは、タスクが2つに分かれてしまいます。
1日の中で何か1つに集中してみてください。

ただし、成長したければマルチタスクです。

結果重視であればシングルタスクで、1つのことに集中できるので作業効率はよくなります。ただし、情報と情報の組み合わせに関しては、複数を同時進行するマルチタスクの方が人として成長します。

結果重視で、すぐにやらなければいけないときはシングルタスクです。自分の成長を考えるのであれば、イエスマンになっていろんなことに手を出すことも必要です。

状況に応じて変えればいいと思います。

人と仲良くなりたい場合はシングルタスクです。
例えば、年間12人と仲良くなるのであれば、同時に12人と仲良くなれないので、
1カ月1人に絞り、その人に対して余っている時間をすべて費やします。

一度、仲良くなると一生物です。
1年ぶりに会ってもすぐに打ち解けます。
12人同時に1年間ダラダラと付き合っていても、いつまでたっても仲良くなれません。

人脈を広げたい場合は、マルチタスクではなくてシングルタスクで、
1日の時間の8割を1人の人に費やす。

それぐらいの気持ちでやることをオススメします。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

1 13 14 15 16 17 18