勉強代を1円も無駄にせずに「お金を稼ぐ」ための4つの手順

お金を稼ぐためのシンプルな4つの手順をお伝えします。 

 

七星です。

 

5日(水)のメルマガで、

田中さんという人を紹介しましたが、

 

結果を出す人と、

結果を出さない人の話の補足です。

 

 

ほとんどの人は、学んだだけで

終わっちゃう場合が多いんですよね。

 

 

セミナーに出たり、本を読んだりすると

いろんな情報が得られます。

 

 

その情報を

自分の中で消化して、

 

自分の過去の情報と

組み合わせることによって、

それが知識になります。

 

 

自分の中で、知識になったことを、

行動したり、実践したりすることで、

経験を積む事が出来ます。

 

 

経験を積んで

初めて、結果になります。

 

 

なので、何かを学んだら

それを誰かに教えるとか、

 

メモを取るとか、自分の中で

もう一回勉強をし直すとか、

必ず知識にしてください。

 

 

私の格言集の映像は、

ただの情報です。

 

この情報を自分の中で

腑に落とすわけです。

 

腑に落とす、学ぶ、理解する。

 

 

理解することによって

私の情報が、

あなた自身のものになります。

 

 

その知識を使って、行動してください。

 

 

行動することによって

それが経験につながります。

 

経験につながったら

それが初めて、結果になります。

 

 

例えばそれが、恋愛でもいいし、

お金儲け、子供の教育、会社の作り方、

何でもいいです。

 

順繰り、順繰り、実践する。

 

 

彼女ができた、儲かった、

子供の成績が上がった、会社が出来た、

それが、結果です。

 

 

情報を知識にして、知識が経験になって、

経験が結果につながるということですね。

 

 

 

【動画付き】無料でマーケティングを学べる動画を公開

 無料でマーケティングを学べる動画

 

七星です。

 

今日は、完全無料

マーケティングが学べるです。

 

 

例えば、あなたが

車好きだったとしましょう。

 

車の情報や知識は、

自然と身に付きますよね。

 

それは、なぜかと言うと、

意識しているからです。

 

 

車が好きな人は、

道を歩いているときに、

 

「あ、あれは、○○という車だ」

という事が、目に入ります。

 

 

これは、普段から

車を意識しているからです。

 

 

世の中の全てが、教材です。

 

街を歩いている時に、

ポケーっと歩くのではなく、

 

全ての事にアンテナを張って、

意識を向けましょう。

 

 

私の場合は、20代の頃、

職人をやっていたので、

 

街を歩いているときに

いろんな看板が気になりました。

 

 

「この看板の

 キャッチコピーは上手いな~」

 

「この通りには、

 こういう看板があるんだ~」

 

「これは、こういう色合いなんだな」

 

「この看板は、下手くそだな~」

 

 

という風に、街の看板を

常に意識していました。

 

 

この、意識を向けた状態が重要で、

ほんの少し、意識をすることで、

 

看板の知識や情報が

いつの間にか、身に付きます。

 

 

うまい看板は、完全無料で

マーケティングが学べる

素晴らしい教材です。

 

 

毎日を、ポケーっと生きていたら

すごく、もったいないです。

 

・車に乗っている時

 

・街を歩いている時

 

・電車に乗っている時

 

・家でご飯を食べている時

 

 

どんな時でも、

必ず、得るものはあるので、

 

全ての時間が、

結果に繋がる教材です。

 

 

日常生活で、

ちょっとだけ、意識を変える。

 

 

たったこれだけで、

あなたは、劇的に成長します。

 

 

常に、いろんなことを意識して、

行動してみてください。

 

 

 

2種類の勉強を知るとノウハウコレクターを卒業できます

 ノウハウコレクターを卒業しましょう。

 

七星です。

 

『勉強』には、2種類あって、

結果を出すための勉強と、

勉強するためだけの勉強があります。

 

 

教材を購入したり、塾に入ったり、

勉強ばかりしていて、

 

いつまでも結果が出ない人は

ノウハウコレクターと言われています。

 

 

同じ教材、同じ塾で学んで

結果が出る人も、いっぱい居ます。

 

 

当たり前ですよね。

 

結果が出る方法だからこそ

教材や塾になるわけです。

 

 

結果を出す人と、

結果を出せない人の違いはシンプルで、

 

インプットとアウトプットの

バランスの問題です。

 

行動量とも言えます。

 

 

例えば、本を1冊読んで、

それを自分のものにするには

ある程度の時間と行動が必要です。

 

 

本を読みました。

 

もっと理解するために

もう一回、本を読む。

 

こうやって、インプットばかりして

全くアウトプットしない人がいます。

 

 

じゃなくて、

せっかく勉強したなら、

実践しましょう。

 

実践して、初めて結果になります。

 

 

勉強というのは、

きっかけなんですよ。

 

 

こういうやり方があるんだと分かったら

とりあえずやってみる。

 

出来ないこと、分からないことを

もう一度調べる。

 

勉強するんじゃなくて、調べるのです。

 

 

調べたら、次の行動にうつす。

 

 

本を読むことで言うと、

速読っていうのは

本を早く読む方法ですよね。

 

「俺は1時間に5冊も

 読めるようになった」

 

と、自慢する人が居ますが、

それは目的が違います。

 

 

1時間に何冊読めるかが

本来の目的ではないですよね。

 

 

これと一緒で、

何か勉強したことに対して、

 

結果の方向性を間違っている人が

あまりにも多いです。

 

 

セミナーに出た、本を読んだ、

教材を買った、勉強した。

 

そしたら、必ず実践しましょう。

 

 

勉強は、自己成長のためとか、

もっと言うと、お金を稼ぐため

やっていることだと思います。

 

 

思い切って、これ以上の

インプットをやめるのもアリです。

 

 

勉強するために

勉強するんじゃなくて、

 

結果を出すために

勉強してください。

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 18