いつまでも同じ働き方ではダメです

 

七星です。

 

年代によって、働き方が違うことを

ちょっと意識してください。

 

 

20代というのは

がむしゃらに働いて、

 

経験を積む時期なので、

お金を稼ぐ時期ではないです。

 

 

30代は、20代で培った

技術・経験を使って

ガツガツお金を稼ぐ時期です。

 

 

40代は、

人を育てていく時期です。

 

 

50代は、人やビジネスに

投資をしていく時期です。

 

 

60代は、引退して、

のんびりするみたいなイメージです。

 

 

これ、よくあるケースですが、

 

20~30代で、

バリバリ稼いでいた人が

 

40~50代になって、

お金を稼げなくなる。

 

 

これは、なぜかと言うと、

決裁権、決定権というのは

多くの場合、40代にあるからです。

 

 

ちょうど、私が40代なのですが、

お金を払って、仕事を依頼するときに、

 

私と同じ40代とか、

もっと上の50代、60代の人に

お願いしたいとは思いません。

 

 

なぜか?

 

 

同世代や、年上の人に、

気を遣ったり、遠慮しながら

お金を払うなんて、嫌だからです。

 

 

今、私は42歳ですが、

やはり、20~30代の元気がある人に、

 

「お前良くやってるな、頑張れよ」

と言って、仕事を発注したり、

お金を払いたいと考えます。

 

 

なので、営業マンというのは、

30歳がベストなんですよ。

 

 

ということは、

40歳の時に、営業をやったりとか、

 

自分の技術を使って行動するのは

あまり良くないってことです。

 

 

40代になったら、

20~30代の人を使ってビジネスをして、

お金儲けをした方が良いです。

 

 

これが年代による

正しい働き方の違いです。

 

 

なので、今、自分がどの年代で、

どういう働き方をすればいいのか

それを意識してください。

 

 

 

「すでに、40歳です、技術も無いので

 私は、お金儲けできません・・・」

 

っていう人は、

20~30代でやるべきことを

キュっと縮めてください。

 

 

40歳から41歳の1年間で

20代がやるように、技術を身に付ける。

 

41歳から42歳の1年間で

30代がやるべきことをやる。

 

 

今、自分が何をしなければいけないのか

年をとればとるほど

不利になっていくのは事実です。

 

 

要は、出遅れているので、

それを、自分自身で受け入れて、

努力と工夫をしていくべきです。

 

・経験を積む

・お金を稼ぐ

・人を育てる

・投資をする

 

この流れがあることを

しっかりと、理解してください。

 

 

 

競合他社がいないところでビジネスを展開してください

個人は競合他社がいないところで勝負しましょう

 

七星です。

 

これ、覚えておいてください。

 

私は元々、クロス職人だったので

リフォームとか、いろいろ出来ますが、

 

工事業界の中で、

「私は、クロスを貼れます!」

 

と、言ったとしても、

クロスを貼れる競合他社なんて、

腐るほどいます

 

 

でも、経営者が集まる場で、

「私は、クロスを貼れます!」

と言ったら、

 

「じゃあ、事務所作るの手伝ってよ」

と、重宝されます

 

 

インターネット業界で、

「私は、ホームページを作れます!」

 

と言っても、競合他社は、

いくらでもいるわけですよ。

 

 

でも、建築業界で、

「私は、ホームページを作れます!」

と言ったら、

 

「じゃあ、うちのホームページ作って」

と、なるわけです。

 

 

私は、映像も出来ますが、

映像業界とか、テレビ業界ではなく、

 

インターネット業界、職人業界で

「映像が出来ます!」

 

と、言っていたから、

すごく重宝されました。

 

 

自分の持っている技術を

競合他社が存在しない

他業種に持っていって

結果を出すと良いです。

 

 

競合他社がいない所で

あなたの技術や、経験、知識を

 

提供したほうが、圧倒的に早いし

しかも、大きな結果が出ます

 

 

今、あなたが身をおいている

業界にこだわるのではなく、

他業種に持っていく。

 

または、他業種の情報を

自分の業種に持ってきましょう。

 

 

私は、こういうことを

10年前くらいにやったので、

結果が出たと思っています。

 

 

自分の技術、経験、知識が

一番高く売れる所を見つけて

行動してみてください。

 

 

 

成長分野に挑戦しましょう

成長分野について考えてみましょう。 

 

七星です。

 

インターネットの技術が

どんどん上がっていて、

時代の流れが、すごく早いです。

 

今、個人の情報収集力は、

昔の10倍とか、20倍になっています。

 

 

昔は、情報を仕入れるのに

お金が必要でしたが、

 

今は、情報を分析するのに

お金が必要な時代です。

 

 

現代社会は、誰から学ぶか

すごく重要になってきていますが、

 

そこで、成長分野がなんなのか

考えてみてください。

 

 

今、ラジオとか新聞

どんどんダメになっていて、

テレビも微妙になってきました。

 

 

それに反して、

インターネット上のサービス

どんどん良くなっています。

 

 

このことを考えると、

今から衰退産業に取り組むのは

非常にナンセンスです。

 

 

例えば、これから先、

絶対伸びると考えられるのは、

 

大きなくくりで言ったら、

電気自動車とかですよね。

 

 

おそらく、電気自動車は、

10年後、20年後には

どんどん浸透していくはずです。

 

 

ここ数年で言えば、

スマートフォン

一番の成長産業でした。

 

私は、成長期に入った産業を

やるべきだと考えています。

 

 

今、時代の流れが早くなっていて、

私たち、個人レベルで出来る

 

ビジネスモデルの寿命は、

だいたい、7年だと思います。

 

 

なので、今、自分のやっていることが

どれくらいの周期のビジネスなのか

もう一度考えてみてください。

 

 

衰退していくだろうと考えるなら

次の新しいビジネスを始めましょう。

 

3つ、4つのビジネスを、

常にやり続けていく

 

そういうスタンスじゃないと

これから先、生き残れません。

 

 

常に、成長産業を見つけていって、

そこに力を注いでいけば、

少ない労力で大きな結果が出ます。

 

ぜひ、覚えておいてください。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 18