世の中を変えるのは、40代です。

 

 

七星です。

 

年代によって、

物事の考え方や、行動が

まったく違います。

 

 

今日の話は、

時代を見通す考え方なので

ぜひ、参考にしてください。

 

 

これ、覚えておいてください。

 

10代は何も力が無いです、

単純に勉強をするだけです。

 

将来のために成長している段階です。

 

 

20代というのは、

ある意味では工場です。

 

仕事をする人、作業をする人、

決定権があまりないです。

 

 

30代は、20代をまとめる

チームリーダー的な存在になります。

 

 

40代になると、

全体を統括する立場になります。

 

 

50代になると、お金を投資したり、

世の中を動かす力が出てきます。

 

 

60代になると、引退して、

政治とか、複雑な要因に

影響力を及ぼします。

 

 

年代によって、

仕事のやり方とか、行動を

変えた方がいいです。

 

 

決定権、決裁権があるのは

たいていが40代です。

 

よし、これ買っていいよとか、

よし、この案でいこうとか。

 

 

もちろん、50代以上も、

決定権は持っていますが

実は、あまり無い感じです。

 

どちらかというと、決めるのではなく、

報告を受けるという感じですね。

 

 

30代の人は、40代の人に

結論を出してもらわけです。

 

 

今、私が42歳なんですが、

これからの時代というのは、

 

ギリギリ、バブル時代を

知らない世代です。

 

 

これから、

バブル時代を知らない人達が

どんどん40代になります。

 

 

これから40代になる人は、

投資とか、お金を使うことに対して

あまり恐怖心を持っていません。

 

 

今、私より少し上の世代で

45歳とか50歳くらいの人というのは、

 

バブル時代を知っているので、

投資とか、大きなお金を使うのが

怖い人も多いです。

 

 

なので、日本の景気が良くなるのは、

2020年のオリンピック開催まで

期間かなぁと考えています。

 

 

決定権、決裁権のある人達が

バブル時代の恐怖を知らない世代になる

ということですね。

 

 

 

私は、これからの5年間

すごく良い時代になると考えています。

 

どんどん行動して、結果を出して、

お金儲けをしていきましょう。

 

 

決定権を持っている40代

どういう風に育ってきた世代

どういう考え方の世代なのかによって

 

世の中の流れが変わっていく

ということです。

 

メンターと先生の違いを理解しましょう。

 

 

七星です。

 

本当に結果を出したかったら、

『誰を先生にするのか』

これ、すごく重要です。

 

自分で考えるというのは、

ナンセンスだと思います。

 

すでに、結果を出している人の

やり方を真似することが重要です。

 

 

最初にやった人、二番煎じ理論

というものがあって、

 

 

一番煎じ、二番煎じ理論

というものがあります。

 


一番煎じ、これは

最初にやる人を指します。

 

 


一番煎じは、

率先して新しいことをしていって

 


自分でノウハウを作って、

さらに、結果まで出します。

 

 

なので、一番煎じは

莫大な利益を得ることができます。

 

 


その代わり、結果が出づらいし、

難しいんですよ。

 

 

二番煎じというのは、

一番煎じよりも、

 


利益が少ないかもしれませんが、

結果が出る確率がすごく高いです。

 

 

なので、先生とかノウハウを見つけて、

その人のやり方を真似することが

結果を出す最短ルートです。

 

 

ここで、重要なのが

先生メンターの違いです。

 

 

先生というのは、

結果の出し方を教えるだけの人

 

メンターというのは、

強制的に結果を出させる人です。

 

 

ボクシングで例えると、

誰よりも本気で

 

「世界チャンピオンだ!」

と思っている人は、

 

実を言うと、本人ではなく

トレーナーとか、ジムの会長とか

後援会の人達なんですよ。

 

もちろん、やっている本人も

強い気持ちはありますけどね。

 

 

要は、自分と同じくらい、

またはそれ以上に

 

『あなたの成功を願っている人を、

 どれだけ周りに作るか』

 

ということが、重要です。

 

 

メンターというのは、

あなた以上にあなたの成功を

願っている人です。

 

そういう人を見つけて、

付き合うべきだと思います。

 

これが先生とメンターの違いですね。

 

 

なので、あなたが

やらなければいけないことは、

メンターを見つけることです。

 

 

メンターを見つけるためには

どうすれば良いかと言ったら、

 

あなた自身が成長して、

メンターが「こいつならいける」と、

 

なにかキラリと光るもの

見せつけるんですよ。

 

そうすることによって、

先生がメンターになってくれます。

 

 

 

私自身が、今こうやって、

ある程度の結果を出せたのは、

 

先生だった人達に、結果を報告して、

メンターになってもらったからです。

 

 

今まで、私がしてもらったように、

今度は私が、あなたのメンターに

なりたいと考えています。

 

 

ぜひ、私のところに来て、

私から学んでほしいと思っています。

 

 

そして、私から何かを学んで

小さなことでも結果がで出た時には、

どんどん報告をください。

 

 

ノウハウを売ると大きく稼げます。

 

 

七星です。

 

同じことをやり続けるって

すごく重要なことです。

 

 

例えば10時間の労力

1,000円稼げたとしましょう。

 

この場合の時給は、わずか100円ですが、

同じことをやり続けていくと、

2つのメリットがあります。

 

 

1つは、労力の短縮

もう1つは、売り上げの増加です。

 

 

今回の例でいうと、

1回目は10時間で1,000円だったのが、

 

もう1回、同じことをした場合

5時間で2,000円になります。

 

 

で、もう1回やります。

 

3回目は、2時間半で3,000円の売上に

なったりするわけなんですよ。

 

 

作業というのは、3~4回やったら、

最初にかかった時間の、

4分の1まで時間を短縮できます

 

 

これ、覚えておいてください。

 

同じことをやり続けることによって、

作業時間が減少するし、

売り上げも上がります。

 

 

なので、何回も、何回もやり続ける、

パターンの深堀りってやつです。

 

 

パターンの深堀りをしてくことで

もっと大きな事ができます。

 

 

それは、出来上がったパターンを

売る事が出来るという事です。

 

 

これが、マクドナルドとか

コンビニとか、ファミレスとかの

フランチャイズです。

 

 

マクドナルドだって、

最初は小さなハンバーガー屋さんです。

 

そのハンバーガー屋さんが

何回も、同じ行程をこなした事で

 

誰でも、短時間で、すごく簡単に、

ハンバーガーを作れるようになった。

 

それで、2号店、3号店という流れで

どんどん拡大していったわけです。

 

 

同じことを何回も何回もやって、

パターンを深堀りして、

 

出来上がったノウハウを

フランチャイズ化して

売っているってことです。

 

 

私たちがやっている

インターネットビジネスも同じです。

 

amazonとかブックオフで仕入れて

ヤフオクで売ったら、利益が出た。

 

これを何度もやって、精度を上げる。

 

ノウハウ化して、

教材や塾として販売する。

 

 

このように、

ノウハウを売る事によって、

 

大きな収益を上げることが

可能になります。

 

 

 

私が作っているメール配信システムの、

エキスパートメールも一緒です。

 

メール配信を、私がやり続けて

パターンを深堀りした。

 

出来上がったパターンを

システム化して、皆さんに提供して

月額料金をいただいています。

 

 

なので、大きな結果を出す人というのは

このようにパターンを深堀りしていって、

 

最終的にしっかりノウハウを

作った人なんですよね。

 

 

『同じことをやり続ける力』

 

これは非常に重要なので

意識して、行動してみてください。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 18