お金を稼ぐ●●

20160820

七星です。

 


ここ最近、工事ネタが多いですが、

知り合いの大工さんが、

面白い事を言っていて、なるほど と思いました。

お金を稼ぐために、した方がいい事です。

 


大工さんが言った言葉は、

「道具はお金を稼いでくれますからね」

なるほどです。

私達、職人は、

いかに仕事を早く終わらせるか、

それで、お給料が変わります。

一日、100平米 貼った とか

家具を10個作ったとか、

仕事量 = お金 になります。

なので、仕事量を増やすためには、

自分の技術を上げることも重要ですが、

じつは、道具って、すごく重要です。

 


ビスを打つ機械も、

いまや、自動のものがあります。

コードレスの振動ドリルとか、

最新の道具がいっぱいあって、

それを使うことで、作業効率があがります。

通常の道具だと、

1時間に、ビスを1,000個、打てるけど、

最新の道具を使ったら、

1時間に、1,400個、打てる。

この400個が、一年計算で考えたら、

とんでもない数字になる場合もあります。

なので、道具は無理してでも、

良い物を使うべきだし、

最新の情報を仕入れるべきです。

 


インターネットでも同じです。

私が作っている『エキスパ』ですが、

つねに改良をしているので、よい道具です。

なので、他のシステムや、

使い慣れた今までのシステムを

使い続けるのではなく、

やっぱり、良いシステム

使った方が稼ぎやすいです。

 


エキスパは、良いシステムです。

ぜひ、使っていただいて、

ネットで稼いでください。

道具や環境を改善して、

作業効率をあげることが、すごく重要です。

 


エキスパを使う

※完全無料でご利用いただけます

※メールをたくさん配信したい方は
 有料版がオススメです

 

 

500万円の詐欺にあいました。

2016_08_19

七星です。

 


知り合いの事務所に遊びに行って、

会議室が、かっこよかったので、

「内装費いくらだった?」

と聞いたら、なんと500万円・・・

高すぎです。

私が見積もりを出すなら、

300万円ぐらいです。

原価は、200万円です。

その知り合いは、ぼったくりに合いました。

私が、仕事したいくらいです。

 


工事の適正価格の見つけ方をお伝えします。

工事をするなら、

まず、私に相談してください。

小学校からの友人が飲み屋をやっています。

久しぶりに、飲みに行くと、

改装工事をすることになったらしく、

見積もりを見せてもらったのですが、

460万円・・・ う~~ん 高いな~~~。

着工直前だったので、

黙ってましたが、前もって相談してくれれば、

私が間に入って、金額交渉をしたのに・・・

 


私は、工事費を、

半分近くに落とすことができます。

今回、事務所の引っ越しで、

前の事務所には、指定業者が入って、

原状回復工事をしますが、

最初、150万円の見積もりがきたのですが、

交渉して、80万円まで落としました。

通常なら、言い値で、

借り主が泣き寝入りするところですが、

私は負けません。

そして、新事務所の内装工事も、

通常なら、1000万円ぐらいの工事ですが、

400万円ぐらいは落とせます。

安ければいいってわけじゃないけど、

七星は、なぜ工事費を安くできるのか?

それは、段取りがいいからです。

 


内装工事の代金を安くする方法は、

頭がいい現場管理者に、

仕事を依頼することが重要です。

現場は、段取り8割、現場が2割

バカが管理する現場は、

品質が悪くて、経費も掛かります。


はっきり言います。

見積もりを出す段階で、

適正な材料や、機材を使って、

現場にあった工事計画を立てれば、

見積もりは、圧倒的に安くなります。

見積もりが安いって事は、

それだけ、簡単な工事になるので、

仕上がりも良くなる。

見積もりが高いから、

良いものができるわけではないです。

 


なので、私が施工しなくてもいいので、

私の友人は、私に相談してください。

私が、間に入れば、

1,000万円が、500万円になります。

そして、クオリティーも良くなる。

そんな事は、ザラにあります。

なので、私の友人達が、

無駄なお金を使って、

アホな工事をしているのを見ていると、

悲しくなってきます。

 


私のメルマガを読んでくれていたり、

私の事を知っている人で、

内装工事をするなら、遠慮なく相談してください。

 

本当に、遠慮なくどうぞ。

 

内装工事は、私の趣味みたいなものなので、

無料で相談にのります。 

私の日刊メルマガに返信をくれれば、

私にメールが届きます。

 

 

デザイナーを使って失敗しました。

2016_08_18

七星です。

 


今回、新事務所の内装ですが、

デザイナーさんに、

図面やパースを作ってもらい、

事務所を作ったのですが、

大きなミスをしました。

※パースとは、建物の外観や室内を
 立体的な絵にしたものです

現場であまりミスをしないので、

私としては、悔しいです。

 


私は、職人を15年やっていたので、

店舗もそれなりの数を作っています。

今まで、材料も多く見ているので、

いつも自分で材料を決めて、

お店や事務所を作りますが、

今回は、デザイナーさんに

デザインをお願いしました。


その理由ですが、

自分で作るってわかっているので、

どうしても、あつかいやすい材料や、

過去の経験から、材料や施工方法を決めるので、

デザインが普通になってしまうからです。

 


過去に、映像の先生に言われたのが、

「最初のころは、

 こんなイメージの映像を作りたい、

 では、どうやって作るか・・・」

から始まり、すごく苦労をします。

経験も、知識もないので、

イメージ通りの物を作るのが大変だからです。

でも、ある程度、経験をすると、

自分の過去の経験や、

使ったことのある素材を使って、

いま、ある物の組み合わせ、

発展型で、映像を作ろうとする。

ようは、楽をしようとします。

これでは、いつも通りの物しかできません。


人は苦痛をさけて、楽をしようとします。

なので、今回はデザイナーさんを入れて、

新しい試みをしましたが、

いろいろと、勉強になりました。

 


まず、さすがです。

餅は餅屋ですね。

図面や仕上げ表をもらった時に、

「え~~、こんな材料で、この色合い、

 大丈夫かな~?」

って思ったのですが、

言われた通りに作ったら、それがカッコいい。

当たり前なんでしょうが、

さすがだな~って思いました。

 


あと、知識が豊富です。

メーカーや、問屋、材料や器具、

私が知らない物ばかりで、

「なるほど、だから、

 ありきたりのデザインにならない」

と、思いましたし、

IKEAを使っているうちは、

ダメなのが、理解できました。

 


逆に言ったら、デメリットもあります。

わかっていたのですが、

思った以上に大変でした。

まず、普段使わないメーカーや材料なので、

手に入れるのが、かなり大変でした。

サンゲツやTOTOとか、大手メーカーなら、

電話一本でなんでも、最安値で購入できます。

カーテンレール一本から、

送料無料で、問屋が持ってきてくれます。

これが、餅は餅屋の力ですが、

普段使わないメーカーだと、

直接購入をしないといけないので、

面倒で、なおかつ、値段も高いです。

だいたい、3割増しぐらいになります。

 


そして、失敗した事があります。

それは『図面通りに作らなかったこと』です。

久しぶりに、図面から工事をしたのですが、

忘れていた事があります。

『図面は、一文字も逃さす、すべて読む』

そして、平面図や展開図、パースは、

穴があくほど、何度も見る。

いざ、作ってみると、見落としが結構あって、

施主が私なので、問題はないのですが、

もし、これが仕事として受けていたら、

そうとう面倒でした。

 


工事とは、図面通りに作ることで、

それができない監督は、ダメ監督です。

でも、工事は、手造りなので、

100%の物は、作る事ができません。

そこで、100%の仕上がりを求めても、

費用対効果が悪いのですが、

それも含めて、

もう少し図面をしっかりと見ていれば、

避けられたミスが多すぎました。

 


工事をする時に気を付ける、

格言を書きますね。

・近隣住人にしっかり挨拶をする

・現場の養生は最初にしっかりとする

・監督の仕事は、掃除と整理整頓

・誰よりも朝早く現場に入る

・図面は穴があくほど見る

・材料の発注は早め、早めに

・知らない材料や器具は専門家に確認する

・寸法や品番は、命がけの3重チェックぐらいの気持ちで

・配線や配管は、壁や床を作る前に忘れずに

・現場からは離れない

しばらく、離れているので、

いま、考えたらこんな感じかな?

 

解る人が、見たら、わかる格言ですね。笑

みんな一度や二度は、失敗して通る道

現場監督格言集 で追加します。

 

 

1 2 3 4 5 6 23