裏切られました。

1

 

七星です。

 


事務所移転の話です。

現場で、梱包に使われていた、

ダンボールを バラして とお願いしたら、

破られて、びっくりしました。

ある意味、期待以上に裏切られました。笑

 


みなさん、どう思いますか?

今回、引っ越しや、内装工事で、

うちの会社のスタッフに、

いろいろな作業をさせたのですが、

アホすぎて、ここまでくると笑えてきます。

私も若い頃、バカだったので、

言える立場じゃないけど、

いまは、経験を積んでバカな事はしません。

「なんで、こんなミスをするのかな~」

って、本当に思います。

 


荷物の積み方、引っ越し準備とか、

あまりにも酷いのでビックリです。

でも、できる奴は、初めてやらせても、

そこそこの仕事をします。

これが地頭の違いなのかもしれませんが、

一緒に、現場仕事をすると、

使える子と、使えない子が解りますね。

「その理由は何かな~?」

って思ったのですが、

ネットの作業とか、文章を書くとか、

目に見えない仕事があります。

 


でも、工事現場の仕事は、

行動が目で見えます。

10人、20人ぐらいの作業風景が見えるから、

できる奴と、できない奴が、

一目でわかります。

いまの会社の仕事って、

ホームページが完成しましたと言われても

完成品と、それにかかった時間が評価対象で、

その過程は、解りません。

でも、現場だとその過程も見えるし、

初めてやらせた事でも、どのように仕事をするか

あと、成長度合いも解ります。

 


私は、職人を15年やっていたので、

比較対象が多くいます。

一日、仕事をしたら、

どれくらいできる奴か解ります。

という事で、うちのスタッフが、

アホな事をしたので、

その仕事結果を公開します。

 


「ダンボールを使うから、

 バラして持ってきて」

と、お願いしたら、なんと、破ってました。

これに、私が怒ったのですが、

言い過ぎかな~~~

1

 

 

職人の道具が進化していました。

91813b79da0185cdc86afd486c78e938_s

 

七星です。

 

七星BARですが、

友人の職人に、仕事を依頼して、

作ってもらっています。

この前、現場管理が、

LINEになって、楽だって話をしたのですが、

道具も、劇的に進化していて、

ビックリしました。

 

工事の現場では、

使う物がいくつかに分かれます。

大きく3つに分けると、

・材料

・取り付け品

・道具

この3つです。

 

材料ですが、

木や、照明器具、塗料とかも、含まれます。

取り付け品ですが、

接着剤や、ネジ、電線などが、この分類です。

そして、道具は、

ノコギリや、ドライバーですが、

道具が、すごく進化していて、

ビックリしました。

どういう進化かと言うと、

すべてコードレス、充電式になっていました。

 

5年前は、電源ケーブルがあって、

コードが邪魔でした。

でも、いまの職人は、

コードレスで、充電式の道具を使っています。

以前のコードレスは、

パワーがなくて、使いづらく、

逆に仕事が遅くなるので、

誰も使っていませんでした。

 

あと、値段も高かったのですが、

最近のものは、値段も下がって、

充電池の性能も上がっていて、パワーもある。

すげ~、楽ちんです。

振動ドリル、ノコギリ、ベビーサンダーとか

全てがコードレス。

「時代は変わるんだな~」って感じました。

 

昔からの職人仲間たちが、

最近は、会社を立ち上げて、若い衆を育てて、

それなりの会社に成長しています。

5年前、10年前は、

個人間で、仕事を手伝っていたのですが、

いまは、会社単位で、仕事を依頼し合えます。

 

じつは、来年から、内装の仕事を、

また、受け付けようと考えています。

職人のネットワークが広がり、

仕事を受け付ける体制が整ってます。

リフォームや、店舗の設計施工、

オフィス内装、原状回復とかです。

 

今でも、私に言ってくれれば、

私の職人仲間たちを紹介するので連絡ください。

腕は保証しますし、腕がいいって事は、

結局、価格も安くなります。

安かろう、悪かろう。安物買いの銭失い。

適正な価格を出さないと、失敗します。

 

8月に引っ越す、うちの新オフィスは、

いろんな技術を結集して、

最高の事務所を作りたいと考えています。

図面とか、いろいろ公開するので、

楽しみにしていてください。

 

 

デブは、信用しません。

2016_05_14

七星です。

 

うちの会社は、デブをクビにします。

そのため、毎週、月曜日は、

キックボクシングの

元日本チャンピオンに来てもらって、

スタッフ全員、しごいてもらってます。

みんな楽しそうに運動してますよ。

 

そして、最近、七星BARを作るのに、

職人さんと話しているのですが、

デブの職人で、使える奴は、

過去に、一人たりともいません。

この確率は100%です。

 

今日は、使える職人を見分ける

5つのポイントをお伝えします。

使えない職人は、会えばすぐにわかります。

私は、下記の5つのポイント見ています。

・体型
・態度
・道具
・仕事時間
・仲間

 

■体型

職人で、デブは論外、仕事はお願いしません。

また、一緒に仕事することもないです。

お腹が出るのは仕方がないけど、

ぽっちゃりも許せません。

電気屋さんや、設備屋さんとか、動きが少ないのは

100歩譲って、ポチャOKですが、

大工やクロス屋とか、

うごく職種のデブは、100%なしです。

 

■態度

おしゃべりはダメです。

技術系のうんちくを話す職人は

腕が悪い可能性が高いです。

腕がいい職人は、無口が多い。

話しながら仕事をするやつは、最低です。

仕事に集中するべきです。

 

■道具

車の中がゴチャゴチャな職人も、

ダメダメですね。

これは、整理整頓されているって事で、

汚れているってことではないです。

現場車なので、汚れるのは当たり前ですが、

でも、水垢だらけの車に乗っている職人も

やっぱり仕事はダメかな?

車を見るとその職人の腕が解ります。

あと、道具も同じです。

腰道具とか、工具箱を見ると、

それだけでも、腕が解ります。

 

■仕事時間

朝早くから仕事するやつは使えます。

渋滞をさけて、朝7時に現場にくるやつとか

あとは、夜中の12時とか、現場の段取り上、

夜の方が仕事がしやすい。

時間をコントロールする奴は使えます。

 

■仲間

類は友を呼ぶです。

優秀な職人は、優秀な仲間をもってます。

何かあったときに、すぐに応援を呼べるとか

人脈が深いやつは、使えます。

 

正直、3時間一緒に仕事をしたら、

技量は解りますね。

下記、8年前の私が

職人とは、どうあるべきか?を残した映像です。

よければ見てください。

 

内装職人育成.com

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 24