まず受け入れる事の重要性

 

 

七星です。

 

人というのは、

100%ではありません。

 

 

人の悪い所ばかり見る人って

いるじゃないですか。

 

服装とか外見も悪いし、

仕事が出来そうもないから、

 

この人の言ってることは

信用出来ない。

 

だから、その人の話は、

全然聞かないとか。

 

 

私自身、いろんな親方から

教えてもらいましたが、

まずは、全部を受け入れてください。

 

 

その人の言っている事が、

正しい事なのか、

間違っている事なのか、

 

というのは、見習いが

判断出来る訳がないんですよ。

 

 

自分に、判断するだけの

知識や技術も無いのに、

 

その人を否定するのは

バカがする事です。

 

 

誰かから、何かを教えてもらう時は、

ますは、全てを受け入れる。

 

全てを受け入れて、

全てを実行してみた上で

良い、悪いの判断をしましょう。

 

 

私自身、職人時代には、

3人の親方が居ました。

 

現場で仕事をする時に

バケツと水を用意するのですが、

 

・ある人はバケツに水

・ある人はバケツにお湯

・ある人はお湯の中に
 ママレモンを一滴垂らす

 

 

「テメー、なんで

 ママレモンを入れないんだ!」

 
 
「なんでお湯なんだ!」

 

って感じで、親方によって

相当、怒られていました。

 

 

その当時の私は、

チンプンカンプンで

 

何が正しいのか、

全く分からなかったのに、

 

水のバケツを準備する

親方が正しいと、勝手に判断をして、

 

他の親方が言ってる事に

聞く耳を持ちませんでした。

 

 

その結果、否定した親方の

カッターの持ち方とか、

 

他の技術まで、全部否定して、

すごくもったいない事をしました。

 

 

自分がある程度成長して、

自分で判断できるようになってから

分かったのですが、

 

材料、その時の気候、湿度、

現場の状況によって

 

水が良かったり、お湯が良かったり、

ママレモンを一滴垂らした方が良かったり

いろんなパターンがあったのです。

 

 

自分で正しい判断が出来ない時は、

教えてもらった通りにやってみた方が

良かったなと考えています。

 

 

もし、あなたが新しい技術を

身に付けようと思った場合は、

 

良い悪いの判断を勝手にしないで

まずは、その人の言った通り

全部やってみてから判断する。

 

そういう風にした方が

圧倒的に成長があります。

 

 

失敗は成功の種です。

 

 

大工、てめー邪魔だ!

 

 

七星です。

 

仕事をしていく上で、

自分のスキルだけを磨けば良い

ということはありません。

 

全体の流れを

把握する必要があります。

 

 

大きな結果を出すだめには

いろんな知識やスキルを

手に入れておいた方が良いです。

 

 

昔、私はクロス職人でしたが、

大工、電気、水道、ガス、ペンキ、

 

いろんな技術を

ある程度、把握していました。

 

 

そうすると、

他の職人の腕が良いか、悪いか、

 

仕事が早いか、遅いか、

という事が分かるので、

全体の流れが把握できます。

 

 

大工さんがここまでやれば、

もうそろそろ自分の仕事ができるとか、

 

今これをやっておかないと

後々、大変になるとか、

自分の仕事がやりやすくなります。

 

 

要は、自分の仕事がやりやすいように、

環境を整える事ができます。

 

 

段取り8割、現場が2割

という話をよくしますが、

 

自分自身の技術が

どんなに優れていても、

 

仕事がやりづらい環境では、

良い仕事が出来ません。

 

 

効率が悪い=コストがかかる

ってことなので、

それは、お金儲けが出来ないって事です。

 

 

そういう意味で言うと、

環境を整える事は重要です。

 

 

『ジャイアンになれ』

って言葉があります。

 

職人の場合、

自分ひとりが良ければ良い

っていう気持ちも

多少はあった方が良いです。

 

 

「大工、てめー邪魔だ、どけ、

 俺が仕事するんだ」

 

と、言うかどうかは別としても、

周りの人に、気を遣い過ぎたら、

 

いつまでたっても、自分の仕事が

出来なかったりします。

 

 

あまりに露骨だと

嫌われちゃいますが、

 

全体のバランスを見て

なおかつ自分が一番得をするように

上手く現場をコントロールする。

 

そうする為に必要なのが、

いろんなジャンルの知識です。

 

 

全体を把握出来る人は、

腕が良いし、良い仕事が出来ます。

 

その結果、現場監督さんとか、

仕事を依頼する人から評価されるので、

良い単価をもらえます。

 

 

稼ぐためには、

自分の仕事だけではなく、

全体を把握する力が重要です。

 

 

2,000人の前で泣いたことがあります。

 

 

七星です。

 

全力で仕事をしましょう。

 

仕事以外のことにも

当てはまるのですが、

 

常にセーブしている人生では

ダメなんですよ。

 

 

毎日を全力で生きる事で、

人としても、ビジネスマンとしても

大きく成長できます。

 

 

例えば、筋トレで、

20キロのバーベルを

1日10回、1年間あげたとしましょう。

 

それをやって、

1年後に身に付くものは、

 

20キロのバーベルを

1日10回あげられる

体力と持久力だけです。

 

 

1年後に、30キロのバーベルを

上げられるかと言ったら、

上げられません。

 

 

じゃあ、どうすれば良いのか。

 

無理をしてでも

1日1回、30キロのバーベルを

上げる必要があります。

 

そうする事で、はじめて

30キロのバーベルを

10回上げれるようになります。

 

 

要は、自分の限界を

超えなければ

成長しないって事です。

 

 

人には、適応能力があるので

どんなに辛い事でも、

 

大変な事でも、苦しい事でも、

いずれ慣れます。

 

 

毎日毎日、全力で生きて

自分の限界を、少しづつでも良いので

上げていく事が重要です。

 

 

誰だって、いきなり

100キロのバーベルは上げられません。

 

20キロ、25キロ、30キロと、

徐々に自分の限界にチャレンジしていく。

 

 

同じ作業をする場合でも

最初は1時間かかった事を、

 

55分、50分、45分と、

少しづつ、時間を短縮していく。

 

そういう積み重ねが重要です。

 

 

もし、あなたが

大きな結果を出したいなら、

 

毎日、チャレンジしてください。

 

毎日、死ぬ気で努力してください。

 

毎日、自分の限界を超えてください。

 

 

これを繰り返すことによって、

大きな結果を出すことが

出来るようになります。

 

 

 

私は、2013年の2月に

6,000人の方に来ていただいて、

 

東京ビックサイトで

大型セミナーを開催しましたが、

 

最初から6,000人の方の前で、

話が出来たわけではありません。

 

 

2~3人の方の前でセミナーをして、

50人、100人、1,000人、2,000人と、

 

徐々にセミナーの規模を

大きくしていきました。

 

 

2012年の8月に

日比谷公会堂で開催した、

 

2,000人セミナーの時は

感極まって、皆の前で泣きました。

 

それくらい、

自分自身に負荷をかけていたし、

本気で取り組んだので。

 

 

同じ事の繰り返しでは

成長がありません。

 

 

そういう意識を持って、

全力で、仕事をしましょう。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 24