頑張っているのに報われない人。

 

 

七星です。

 

覚えておいてください。

 

サラリーマンとか、

雇われている立場の場合

 

収入を上げるのって、

なかなか難しいですが、

 

自分の時間給を上げる事は

わりと簡単に出来ます。

 

 

雇われている立場の方で、

なかなか給与が上がらない会社なら

 

給料を上げる事ではなく、

出来るだけ早く仕事を終わらせる

努力をするんですよ。

 

 

会社からの収入を上げるよりも、

仕事を早く終わらせる方が

圧倒的に簡単です。

 

 

仕事を早く終わらせる事によって、

新しい事が始められます。

 

 

 

例えば、

朝6時から夜の1時まで

1ヶ月間、休み無くフルで働いて

毎月100万円稼いでいる人と、

 

月10日間しか働いてないけど

月50万円稼いでいる人だったら、

 

私は、月10日で50万を選びます。

 

 

私なら、残りの20日間で

自己投資をするとか、

 

自分を成長させるために

時間を使いますね。

 

 

時間給を上げるという事は、

それだけ自己成長出来るので

 

よりいっそう時間給を上げる事が

可能になります。

 

 

余裕が無い生活は、良くないです。

 

貧乏暇なしって言いますよね。

 

 

なので、

 

・自分の給料が安い

・支払いとか、お金に困ってる

 

このような人が

やるべきことは、ただ一つ。

 

出来るだけ仕事を早く終わらせて、

空き時間を作る。

 

 

 

空いた時間に、集中して

新しい事にチャレンジする、勉強する。

 

または、空いた時間で、

アルバイトをしてお金を稼ぐ。

 

まずは、自分の時間給を

どんどん上げる努力をしましょう。

 

 

それを意識して、行動する事で、

何ヵ月後とか、1年後、2年後に

大きな結果につながります。

 

 

残念ながら、結果というのは、

すぐに出ません。

 

細かい事の積み重ねを

コツコやっていく事ですね。

 

 

この事を意識して、

時間を使ってください。

 

130円をケチってはダメです。

 

 

七星です。

 

私の考え方で、

『生き金、死に金理論』

というものがあります。

 

 

職人の場合、

休憩時間になると、

 

他の職人さんと一緒に

休憩所で休むのですが、

 

その時のお金の使い方を例に

『生き金、死に金理論』を

お伝えします。

 

 

休憩の時に、缶ジュースを、

5本とか10本とか買ってきて、

 

1,300円とか、2,000円くらいの

出費になったとしましょう。

 

それを、たまに出します。

 

 

「ちょっと一服しましょう、

 ジュースおごりますよ」

 

と、言ったら

「ありがとう」ってなりますよね。

 

この使い方は、生き金です。

 

 

なにかあった時に、

 

「クロス屋さん、

 ここに機械を取り付けるんだけど、

 先にクロス貼ったほうが楽でしょ。

 待っててあげるから
 
 先に貼っちゃえよ。」

 

この瞬間、時間給を考えたら

缶ジュース代なんて、簡単にペイできます

 

 

逆に、死に金理論ですが、

毎回毎回、ジュース代を出してあげると、

 

買ってもらえるのが

当たり前になってきます。

 

 

そうなると、ジュース代を

出さなかった場合に、

 

「なんでジュース代出してくれないの?」

 

って、なりますが、

これって、本当はおかしいですよね。

 

これが死に金です。

 

 

なので、同じ130円でも使い方によって

価値が有ったり、無かったりします。

 

お金の使い方をきちんと考えると、

大きな結果に繋がります。

 

 

生き金の場合は、

ドンドン使ってください。

 

お金を稼ぎたかったら

その分、使わなければダメです。

 

人は、使った分だけ

お金が戻ってきます。

 

ブーメランなんですよ。

 

 

なので、必要以上に、

ケチケチしないという考えを持って、

生き金を使いましょう。

 

同時に、死に金を使わない

という考えも持ってください。

 

 

平先生と私の関係を暴露します。

 

 

七星です。

 

辞めたり、独立する時は、

師匠にきちんと話をして、

キレイな方が良いです。

 

 

師匠は、今までいろいろと

教えてくれた人ですよね。

 

だったら、

その人の顔に泥を塗るような事

してはいけません。

 

 

キレイに辞めないと

あなた自身の信用が無くなります。

 

 

きちんとした辞め方をすれば、

その後も、いろいろと

教えてもらう事が出来ます。

 

今まで、師匠の元で

働いていたといっても、

 

技術しか学んでいなかった

可能性もあります。

 

 

師匠は、人生の先輩であり、

あなたより先に

多くを学んでいる人なので、

 

あなたが知らない事も

当然、いっぱい知っています。

 

 

実際に、自分が独立して

一人でやってみたら、

 

実はまったく違う、知識や技術

必要だったりする場合もあります。

 

 

そういう時に、

質問出来る人が居るというのは、

非常に重要です。

 

 

自分の師匠とか、社長というのは、

何かあった時や、困った時に

助けてくれる存在です。

 

辞めた後も、関係をきちんとして、

師匠が忙しそうだったら手伝うとか

そういう事が重要です。

 

 

辞めたばっかりの時は、

少しギクシャクするかもしれませんが、

 

あなた自身が感謝の気持ちを

しっかり持っていれば

必ず良い関係を取り戻せます。

 

私の経験上、

1年から3年間くらいで修復しますね。

 

 

お中元とか、お歳暮とか、年賀状とか、

そういうことをしたり、

あとは、頼ることも重要です。

 

師匠や社長から、

「辞めた人間が、何をいまさら」

言われるかもしれませんが、

 

電話をかけるとか、顔を出すとか、

連絡を取り続ける事が重要で、

 

そういう事をする事で、

良い関係が保てます。

 

 

今までは、

社長や師匠だったかもしれませんが、

 

それが、徐々に、

ビジネスパートナーになっていきます。

 

 

そこで大きなグループを作って、

皆でやっていくという事ですね。

 

 

そういう意識はすごく重要なので、

師匠とか社長を敬って、

大切にしましょう。

 

こういう気持ち、考えを

忘れない方が良いと思います。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 24