平先生と私の関係を暴露します。

 

 

七星です。

 

辞めたり、独立する時は、

師匠にきちんと話をして、

キレイな方が良いです。

 

 

師匠は、今までいろいろと

教えてくれた人ですよね。

 

だったら、

その人の顔に泥を塗るような事

してはいけません。

 

 

キレイに辞めないと

あなた自身の信用が無くなります。

 

 

きちんとした辞め方をすれば、

その後も、いろいろと

教えてもらう事が出来ます。

 

今まで、師匠の元で

働いていたといっても、

 

技術しか学んでいなかった

可能性もあります。

 

 

師匠は、人生の先輩であり、

あなたより先に

多くを学んでいる人なので、

 

あなたが知らない事も

当然、いっぱい知っています。

 

 

実際に、自分が独立して

一人でやってみたら、

 

実はまったく違う、知識や技術

必要だったりする場合もあります。

 

 

そういう時に、

質問出来る人が居るというのは、

非常に重要です。

 

 

自分の師匠とか、社長というのは、

何かあった時や、困った時に

助けてくれる存在です。

 

辞めた後も、関係をきちんとして、

師匠が忙しそうだったら手伝うとか

そういう事が重要です。

 

 

辞めたばっかりの時は、

少しギクシャクするかもしれませんが、

 

あなた自身が感謝の気持ちを

しっかり持っていれば

必ず良い関係を取り戻せます。

 

私の経験上、

1年から3年間くらいで修復しますね。

 

 

お中元とか、お歳暮とか、年賀状とか、

そういうことをしたり、

あとは、頼ることも重要です。

 

師匠や社長から、

「辞めた人間が、何をいまさら」

言われるかもしれませんが、

 

電話をかけるとか、顔を出すとか、

連絡を取り続ける事が重要で、

 

そういう事をする事で、

良い関係が保てます。

 

 

今までは、

社長や師匠だったかもしれませんが、

 

それが、徐々に、

ビジネスパートナーになっていきます。

 

 

そこで大きなグループを作って、

皆でやっていくという事ですね。

 

 

そういう意識はすごく重要なので、

師匠とか社長を敬って、

大切にしましょう。

 

こういう気持ち、考えを

忘れない方が良いと思います。

 

何歳からでも独立できます。

 

 

七星です。

 

今、40~50代とかで、

どこかの会社に所属している人も

 

独立しようと考えている人

意外と多いと思います。

 

私は、どんどん独立していただくことを

オススメします。

 

 

もちろん、仕事が取りづらいとか

独立しづらい職種もあると思うのですが

 

今まで、何度も言っていますが、

なんとかなります。

 

 

大企業は難しいかもしれませんが

会社に所属している時から、

 

「社長、私はいずれ独立したいので

 今月から歩合給にしてください」

 

って、伝えるとか、

独立したつもりでやってほしいです。

 

 

私は今、インターネットで

いろいろな事を教えているので、

 

いろいろな方から

連絡をいただくのですが、

 

50代とかになって、会社が倒産して

もうどうにもならないという方も

いらっしゃいます。

 

 

今の日本は、

まだ多少の体力があるので、

 

万が一の時でも

生活保護とか、いろいろと

助けてもらえますが、

 

10年後、20年後に、

今の仕組みはうまくいかないので

無くなると考えています。

 

 

今、国もあなたも、

多少の余裕があるうちに

何か手を打たなければいけません。

 

 

やれば、なんとかなります。

 

まぁ、自分で稼ぐのではなく

雇われて給料をもらう生き方も

 

なんとか生きてくことは

出来ると思いますが、

 

でも、その時に、

 

「なぜ私は独立しなかったのだろう」

「なぜ行動しなかったんだろう」

「なぜ俺はこんな事になったのか」

 

という風に、

後悔する人生はやめましょう。

 

 

私は今こうやって、職人さんとか、

インターネットビジネスで稼ぎたい人とか

 

いろんな職種の人に

様々な事を教えています。

 

もしあなたが、

今までの人生を変えたい、

よりよくしたいと考えるなら、

 

私の映像をきっかけにして

行動していただきたいです。

 

 

何度も言います。

 

『成功の反対は失敗ではない

 行動しない事』

 
 

せっかくなら、

人よりも良い生活がしたいし、

 

自分の子供達、子孫達に

何かを残したいじゃないですか。

 

 

その為にも、独立をして

バリバリ稼いでいただきたいです。

 

 

年齢は関係ないです。

 

やりたい、行動する と

決めた瞬間にチャンスが訪れます。

 

 

チャンスというのは、

掴む準備も必要ですが

掴まないと手に入りません。

 

受け身ではいつまでたっても

結果が出ませんからね。

 

 

常にポジティブ、

攻撃的に行動をする。

 

これを意識していただきたいです。

 

 

5万円の仕事で、10万円もらう方法

 

 

七星です。

 

ビジネスをしている人は、

必ず計算力を身に付けてください。

 

たとえば見積書の書き方です。

 

 

見積書とは、仕事の対価、

その根拠を説明するものです。

 

この説明が、うまければ、うまいほど、

多くのお金をもらうことができます。

 

 

見積書のコツですが、

 

・バラバラにする

・分かりづらくする

・税別表記

 

この3つがポイントです。

 

 

■ バラバラにする

 

システム開発費 100万円
消費税      8万円

合計見積    108万円

 

こういう見積書が、一番ダメです。

 

私なら、内容、単位、単価、金額を、

バラバラにします。

 

・システム設計 
20時間×5,000円 100,000円

・データーベース作成(SQL)
30時間×5,000円 150,000円

・内部プログラム打ち込み
50時間×5,000円 250,000円

・システムエラーチェック
20時間×2,000円 40,000円

・お打ち合わせ
0.5人×50,000円 25,000円

 

これを、どうやって

100万円にするか、再度考えます。

 

まず、打ち合わせで、

0.5人×5万円と書きました。

 

ここで、この人の日給は、5万円

いう認識を、与えています。

 

あと、システムチェックは、

技術がいらないので安くしていますが

 

これは、適当ではなく、ちゃんと

金額を考えていますという表現です。

 

 

これだと、まだ56万円なので、

もっと項目を増やします。

 

システム設計 
25時間×5,000円 125,000円

データーベース作成 (SQL)
40時間×5,000円 200,000円

内部プログラム打ち込み (PHP)
60時間×5,000円 300,000円

ユーザーページ作成
30時間×5,000円 150,000円

管理システム作成
10時間×5,000円 50,000円

サーバー構築 (外注:詳細別途)

一式 200,000円

システムエラーチェック
30時間×2,000円 60,000円

お打ち合わせ 1回
0.5人日×50,000円 25,000円

合計金額 1,110,000円

値引き - 110,000円

最終お見積 1,000,000円(税別)

 

この見積だと、実働20日で完成です。

 

でも、実際は、10日分ぐらいの

仕事量でないとダメです。

 

そうすることで、

日給が、10万円になります。

 

 

■ 分かりづらくする

 

難しい言葉を使えば使うほど、

お客様は、考えるのが面倒になり

 

なおかつ、すごい事をするんだ~

って、思ってくれます。

 

先ほどの例を、分かりづらくしますね。

 

SQL Server構築
※OracleとSQL相互システム
20時間×5,000円 100,000円

SQL Server実装
※CSK Winテクノロジを使った実装
30時間×5,000円 150,000円

PHP4内部システム
※Zend Engine方式での実装
50時間×5,000円 250,000円

全システムの互換性確認
バクの全チェック
20時間×2,000円 40,000円

 

上記は、適当に調べて、

それっぽい単語を入れただけですが、

 

なんか、分かりづらくなって、

すごそうになりましたよね?

 

ただ、勉強家の人とか、

見積をしっかりと見る人、

知識がある人には逆効果です。

 

これは、素人向けのテクニックです。

 

■ 税別表記

 

これが、一番簡単です。

 

少しでも安く感じてもらうために

税別表記は必須です。

 

こういうことは、

見積書を書いている人なら

当たり前に知っていることです。

 

 

他の人が書いた見積書は通らないけど、

私が書いた見積書が通るのは、

こういう計算力の部分です。

 

自分が見積書をもらった時に、

それを安く感じるか、感じないか

 

 

あと、税務的なことも重要です。

 

『昔から勉強しなかったから

 俺はそんなの出来ないよ~』

 

とか、数字に弱い人

出来ないのではなく、やらないだけです。

 

 

計算力を身に付けることで

あなたの仕事の収益性・時間給

 

グッと上がるという事を、

ぜひ、覚えておいてください。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 24