5万円の仕事で、10万円もらう方法

 

 

七星です。

 

ビジネスをしている人は、

必ず計算力を身に付けてください。

 

たとえば見積書の書き方です。

 

 

見積書とは、仕事の対価、

その根拠を説明するものです。

 

この説明が、うまければ、うまいほど、

多くのお金をもらうことができます。

 

 

見積書のコツですが、

 

・バラバラにする

・分かりづらくする

・税別表記

 

この3つがポイントです。

 

 

■ バラバラにする

 

システム開発費 100万円
消費税      8万円

合計見積    108万円

 

こういう見積書が、一番ダメです。

 

私なら、内容、単位、単価、金額を、

バラバラにします。

 

・システム設計 
20時間×5,000円 100,000円

・データーベース作成(SQL)
30時間×5,000円 150,000円

・内部プログラム打ち込み
50時間×5,000円 250,000円

・システムエラーチェック
20時間×2,000円 40,000円

・お打ち合わせ
0.5人×50,000円 25,000円

 

これを、どうやって

100万円にするか、再度考えます。

 

まず、打ち合わせで、

0.5人×5万円と書きました。

 

ここで、この人の日給は、5万円

いう認識を、与えています。

 

あと、システムチェックは、

技術がいらないので安くしていますが

 

これは、適当ではなく、ちゃんと

金額を考えていますという表現です。

 

 

これだと、まだ56万円なので、

もっと項目を増やします。

 

システム設計 
25時間×5,000円 125,000円

データーベース作成 (SQL)
40時間×5,000円 200,000円

内部プログラム打ち込み (PHP)
60時間×5,000円 300,000円

ユーザーページ作成
30時間×5,000円 150,000円

管理システム作成
10時間×5,000円 50,000円

サーバー構築 (外注:詳細別途)

一式 200,000円

システムエラーチェック
30時間×2,000円 60,000円

お打ち合わせ 1回
0.5人日×50,000円 25,000円

合計金額 1,110,000円

値引き - 110,000円

最終お見積 1,000,000円(税別)

 

この見積だと、実働20日で完成です。

 

でも、実際は、10日分ぐらいの

仕事量でないとダメです。

 

そうすることで、

日給が、10万円になります。

 

 

■ 分かりづらくする

 

難しい言葉を使えば使うほど、

お客様は、考えるのが面倒になり

 

なおかつ、すごい事をするんだ~

って、思ってくれます。

 

先ほどの例を、分かりづらくしますね。

 

SQL Server構築
※OracleとSQL相互システム
20時間×5,000円 100,000円

SQL Server実装
※CSK Winテクノロジを使った実装
30時間×5,000円 150,000円

PHP4内部システム
※Zend Engine方式での実装
50時間×5,000円 250,000円

全システムの互換性確認
バクの全チェック
20時間×2,000円 40,000円

 

上記は、適当に調べて、

それっぽい単語を入れただけですが、

 

なんか、分かりづらくなって、

すごそうになりましたよね?

 

ただ、勉強家の人とか、

見積をしっかりと見る人、

知識がある人には逆効果です。

 

これは、素人向けのテクニックです。

 

■ 税別表記

 

これが、一番簡単です。

 

少しでも安く感じてもらうために

税別表記は必須です。

 

こういうことは、

見積書を書いている人なら

当たり前に知っていることです。

 

 

他の人が書いた見積書は通らないけど、

私が書いた見積書が通るのは、

こういう計算力の部分です。

 

自分が見積書をもらった時に、

それを安く感じるか、感じないか

 

 

あと、税務的なことも重要です。

 

『昔から勉強しなかったから

 俺はそんなの出来ないよ~』

 

とか、数字に弱い人

出来ないのではなく、やらないだけです。

 

 

計算力を身に付けることで

あなたの仕事の収益性・時間給

 

グッと上がるという事を、

ぜひ、覚えておいてください。

 

 

車が事務所でした。

 

 

七星です。

 

職人が独立した場合、

ほとんどの人は

車か自宅が事務所です。

 

独立したばかりならともかく、

ずっと、それではダメです。

 

 

しっかり探せば

2万円、3万円ぐらいで

倉庫を借りることが可能です。

 

 

全ての材料と道具を

車に積んでおく事も重要ですが、

 

そうすると、車の大きさ以上の

ストックが出来ません。

 

倉庫を持つことで、

余った材料を保管できるので、

 

何かあった時に、

新たな出費をしなくて良いし、

 

お金、材料、買いに行く時間など

無駄が無いって事です。

 

 

あと、信用にも繋がります。

 

倉庫を借りて、

事務所として看板を掲げれば

あなたの会社です、城なんですよ。

 

 

・倉庫を持っていない職人

 

・倉庫を持っている職人

 

どっちの方が

しっかりしていそうですか?

 

 

私自身、

ある程度の結果が出たのは

 

職人の早い段階で、

事務所を構えたからです。

 

 

職人だったら車があります。

 

ちょっとくらい交通の便が悪くても、

事務所を構えて、荷物を置いて、

ファックス置いて、電話を引く。

 

そうする事によって、

仕事と家庭のメリハリもつくので、

 

精神的にも、肉体的にも、

いろんな、良い影響があります。

 

 

なので、もしあなたが

 

・きちんと結果を出したい

・将来大きな会社にしたい

・収益を安定させたい

 

と考えるなら、他の人と

違うことを見せなくてはいけません。

 

それが、早い段階で

きちんと事務所を持つという事です。

 

 

事務所や倉庫がある事で、

収益が大きく変わります。

 

ちょっとくらい無理してでも

事務所を早い段階で手に入れる事を、

強くお勧めします。

 

クレームをもらわないコツ

 

 

七星です。

 

これ、覚えといてください。

 

常に自信を持って仕事をしていないと、

余計なトラブルを招きます。

 

 

私が強いからなのか、

自信があるからなのか分かりませんが、

私は、あまりクレームをもらいません。

 

 

私より技術があって、

完璧に仕事をこなしているのに、

なぜか、文句を言われる人がいます。

 

 

クレームをもらう人は

なんか弱々しいです。

 

そういう部分で言っても、

やはり、強くいた方が

お客さんは文句を言ってきません。

 

 

「今日はどうもありがとうございました

 今後ともよろしくお願いします!」

 

と、しっかり挨拶をしたら、

この人はしっかりしているなと

思ってもらえます。

 

 

たとえば、何かあっても、

 

「あの人がやって、これなら

 しょうがないんだな」

 

って思ってもらえます。

 

でも、弱々しく、

 

「どうもお疲れ様でした」

 

みたいな感じだと、

 

ここが悪いとか、仕上がり悪いとか、

あの人、頼りないから

失敗したんじゃない?

 

というように、ネガティブな

評価をされるわけです。

 

 

腕の良い職人とか、監督さんとか、

現場管理をする人というのは

お客さんを納得させる力が必要です。

 

じゃあどうやって納得させるのか?

 

これはやはり、威圧感だったり

自信だったりするんですよ。

 

「俺が良いと言ったら良いんだよ」

 

というくらいの言い方も重要です。

 

 

ちょっとくらい悪くても、

ここはこうだからしょうがないんですよ!

という事をビシッと言う。

 

そういうスタンスで

仕事をしていくことが重要です。

 

 

結局、お互いが

100%納得する仕事をするのは、

なかなか難しいんですよ。

 

要は、どちらかが

多少は妥協しなきゃいけません。

 

その結果、お客さんが

離れていくのは良くないですが、

 

すごく神経質なお客さんって

一定数いるじゃないですか。

 

そういう人を黙らせる力というのは、

やはり自信だと思います。

 

 

自分の仕事には自信を持って、

堂々とお客さんの対応をする。

 

そういうことが重要です。

 

 

あと、余計なことをしゃべらない。

 

『沈黙は金なり』

という言葉がありますが、

 

自信を持って仕事をして

少しくらい威圧的な方が

プラスになる場合が多いです。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 23