デヴィ夫人とK-1を見てきました

3

※他の写真は文末にあります

 

七星です。


先週の土曜日にデヴィ夫人と2人で
K-1を見てきました。

VIPの芸能人席に座ったので、
目の前には、おのののか、隣の席には石田純一、

あとは、アンタッチャブルとか、
見た事がある人が大勢いました。

おのののか、可愛かったです。笑

そして、やっぱりデヴィ夫人はすごいです。


夫人は、もともと、
格闘技はお好きではないみたいで、

K-1に招待された時も断っていたみたいですが、
私がキックボクシングを習っているという話をしたら、

「そしたら一緒に行きますか?」と言われて、
観戦することになりました。

夫人からのプレゼントです。

当初、2人で行く予定だったのですが、
夫人の自宅にお迎えに伺ったら、

私の英語の先生がいらして、
3人で行く事になってました。

事前に、K-1の事務局に、
「もう1人ダメですか?」と連絡したら、

「席がないので、2人でお願いします」
と言われていて、

デヴィ夫人に、
「無理だと思いますよ?」って言ったら、

「大丈夫よ!VIP席はいつも空いているから
 一人ぐらい座れるわ!
 または、2席で3人座ればいいじゃない」との事。

そんな無茶な事ができるのか?と思ったら、
本当に席が空いていて、3人で観戦することになりました。

まず、そこにビックリ、無理を通す人です。


席は、リングサイド、前から2列目、
まわりは芸能人だらけでした。

最近は、芸能人を見て、
すげ~とか、あまり思わなくなったのですが、
普通に楽しい気持ちにはなります。


そんな事より、K-1よかったです。

私は、それほど格闘技を見ていないのですが、
本気と本気のぶつかり合いを感じる事ができて、
見ていて、体が動いてきます。

派手なKOとかも数多くあって
素晴らしく良い試合が多かったです。

ボクシングとかは、マニア向けで、
K-1は、ガツガツぶつかっていく感じなので、
素人には、K-1がいい気がします。

デヴィ夫人も、格闘技はあまり好きでない
と言っていたのですが、
最後には、すごく楽しかったわ~と、喜んでました。


席が最高だったのもありますが、
最近、格闘技観戦が好きになってきました。

次のK-1も、招待して頂けるので、楽しみです。


デヴィ夫人と仲良くなった事で、
見える世界が変わってきました。

そこで、デヴィ夫人の会を発足しました。

デヴィ夫人と仲良くなって、
新しい世界を見て見たい人って何人ぐらいいますか?

今度、食事会でも開きましょうか?
※本日配信の日刊メルマガで
 クリックアンケートを取っています

ただし、中途半端な人は気をつけてください
私も最初の数年は、会うのが苦痛でした。

あと、お金に余裕がないと厳しいです。

2 4 5 6 7 8

 

 

ライブ配信、大失敗しました。

七星です。


デヴィ夫人のFacebookで、
ライブ配信をしたのですが、
いろいろ失敗しました。


前回のミスは、

・商品点数が多すぎた
・商品名をつければよかった
・もう少し時間をかければよかった
・ミニセミナーは必要なかった
・台本を準備するべきだった
・購入用の何かを準備するべきだった
・コメントをもっと確認するべきだった
・テロップを出したかった
・商品の写真を準備するべきだった
・暗号をつくるべきだった
・無料プレゼントもルールをつくるべきだった

上記はクリアしたのですが、
今回は、準備をしすぎて、ダメにしました。


今回のミスは、
ごちゃごちゃ準備をしすぎた事です。

最終的には、デヴィ夫人の指輪を
販売する予定だったのですが、

販売用のサイトや、商品写真、
決済フォーム、配送までの準備は完璧でした。

でも、ミスの原因は、
ツールを使って、3カメ撮影や、
テロップを画像として準備して、
テレビ局の番組っぽくしようとした事です。

台本に合わせて、画面を準備していたので、
少しでも狂ったら、修正ができない。

今回感じたのが、
画面構成は、できるだけシンプルが良いって事です。

理由が2つあって、カメラを増やすと、
ライブの画質や音が悪くなるみたいで、
音飛びがすごかったようです。

そこで、カメラを減らしたりして、
準備した事が、全てできなくなった。

しかも生ライブ配信なので、どうしようもない。

なので、シンプルにした方がいいです。

画面は2種類

・1カメで、画面内で、ヘッダーとフッター部分にテロップを入れる
 これは固定で動かさない

・準備してある、写真や画像を、画面いっぱいに出す。
 2画面にはしない


■今回の教訓

・1カメでやる
・回線速度を確認する
・パソコンのスペックは最高、できれば安定したデスクトップPCで
・マイクは良い物を準備する
・リハーサルをするべきだった


テレビ局ではないので、映像的な小細工ではなく、
紙でテロップを作るとか、小物を準備する。

または、会話でなんとかする。

これが今回の教訓です。

今回は、準備をしすぎて、
ごちゃごちゃいなってダメになった。笑


あと、デヴィ夫人は、
カメラが回ると楽しくない。笑

普段、私と2人で話している時は、
私の質問に楽しく答えくれるのに、
なんか、まじめな話ばかりで、困りました。

「収録中、私をバカにしてくださいね」

とか、事前にいろいろお伝えしていたのですが、
終始、私の事を褒めてくれるので、
予定通りに進行できなかった。大笑

ライブ配信用の機材も持っていますが、
もう一度試してみます。

あと、事前告知をしなかったので、
視聴者も思った以上に集まらなかったです。

デヴィ夫人だからと言って、
どばっと集まらない事も解りました。

 

 

待ち合わせの常識を知らない人が多すぎです。

七星です。


この前、デートをすっぽかされた、
当日に人が来なかったとか、

愚痴を書いている人を
Facebookの投稿で見たのですが、

前日や当日にリマインドするのは、
常識だと思います。


私はよく、食事会を主催します。

私には、いま、秘書がいないので、
お店の手配や、参加者への連絡とか、
全て自分でやりますが、

前日や当日に、
リマインドの連絡をします。

とくに、数週間前の約束だと
忘れている可能性が高いので、

最後の連絡から2週間過ぎていたら、
必ず連絡をします。


簡単でいいですよ。

「明日、待ってますね」とか、
「明日、楽しみですね」とか、

そのレベルの連絡を一通送るだけで、
すべてが順調になります。

いちばんやっかいなのが、
約束を忘れている人

これはすごく面倒です。

これがあると、お店の予約に穴があくし、
その人に連絡をしたり、
せっかくの食事会が台無しです。

経験上、40人に1人くらい、
忘れる可能性がありますが、
主催者としては、だいぶ迷惑です。

なので、私は前日か当日に、必ず連絡をします。

これは、ミスやトラブル回避にもなりますが、
相手からのイメージもよくなります。

しっかりとしている人、責任感があるとかです。

私からしたら当たり前なのですが、
やならい人が多いみたいです。


でも、先日、大きなミスをしてしまいました。

恩師に、食事とショーの予約を頼まれて、
レストランとショーを予約をしたのですが、

日程や時間や、移動時間まで完璧に予約して、
リマインドもしっかりとしていたので、

当日は、楽しい時間を過ごしてもらえると
自信があったのですが、
なんと、人数を間違えてました。


2ヶ月前にお願いされていて、記憶があいまいで、
私は、てっきり3人と思って予約をしていたら、
3人のお友達を遊ぶってことでした。

食事はなんとかなったのですが、
ショーの席に余裕がなく、ダメになってしまい、
私とした事が、最低な企画者でした。

しかも、めったに東京から離れない私が、
たまたま、大阪に行っていて、東京にいない

東京にいれば飛んでいって、
なんとかするのですが、さて困った。

幸い、そのことに気が付いたのが、
ショーの3時間前だったので、

レストランは4人席がOKで、
あとは、3時間後のショーをどうするか。

でも、そこは東京で一番遊びを知っている男なので、
頭をフル回転させて、複数の店に電話、3店舗ほど予約して、
先方にどこがいいか聞きました。

そして、先方も今からはいいから、
もう大丈夫だよと言われたのですが、

予約を取っている段階で、
知り合いの手品師、モノマネ芸人、
6人ぐらいに連絡、六本木に20時に来れるか聞いて、
手品師1人、ものまね芸人1人の手配ができていました。

もともと、レストランは、
私の名前で、個室を取っていたので、

レストランに電話して、
個室でショーをやっていいか聞いて、

食事が終わったら、
その場でショーをしてもらいました。


大阪からすべてを電話で手配したのですが、
我ながら、なんとかリカバリーです。

こんな時に、嫌な顔ひとつしないで、動いてくれる、
そんな友人たちに感謝です。

この10年間、いろいろ遊んでます。
場を作る力は重要です。

たぶん、私は凄腕の秘書もできますね。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 62