ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に行きました。

七星です。


18日(土曜)が子供達の授業参観だったので、
20日(月曜)が、振替休日で休みでした。

そこで、子供達を連れて、大阪にある
ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に行ってきました。

お金の力は偉大です。

ちょっとした海外旅行ぐらいのお金を使いました。


私自身、日曜日の13時~16時に
セミナーがあったので、
そのあと、大阪に行く事にしたのですが、

私も44才、体力の衰えを感じて、
新幹線で行く事にしました。


私は、元自衛官で、輸送隊だったので、
車で大阪日帰りとか平気だったのですが、
さすがに疲れるので、今回は新幹線で移動。

夕方17時に、新宿駅に集合して、
そこから新幹線で大阪に行きました。


小学生の子供2人と、夫婦なので、
合計4人のプチ旅行ですが、
新幹線はグリーン車にしました。

片道4人で6万円
車移動だったらこの金額で往復できます。

移動代金だけで、往復12万円です。


夜9時に大阪に到着、USJ近くのホテルに宿泊、
ホテル代は、4人で6万円で朝食付き。

USJは、一日入場券が、4人で3万円ぐらい。

それ以外に、並ばないで優先的に乗れる
エクスプレスパスをMAXで購入。4人分で5万円ぐらい。

一泊の家族旅行で、おおよそ26万円を使いました。


事前にしっかりと準備をして、
リーズナブルなホテルを使って、

USJも早割りとか、エクスプレスパスを使わず、
グリーン車も使わなければ、半分の13万円で収まります。

もしかしたら、
もっと安くする方法もあるかもしれません。

でも、快適な家族旅行でした。


まず、ホテルは、
綺麗で二段ベットがある部屋を取ったので、
子供たちが大喜び、夜中まで大騒ぎしてました。

朝食も美味しかったし、
なによりホテルから直通でUSJに行けるので、
朝が超~楽。

そして、USJは全部で、
8個のアトラクションに乗ったのですが

待ち時間がほぼ無しで、
乗りたいアトラクションにすべて乗れました。


月曜日なので空いているとは言え、
平均60分待ちが、すべて5分待ちぐらい。

普通の一日券だったら、3つが限界だし、
人気のないアトラクションになると思います。


これって、すべての事でそうなのですが、
13万円を倍の26万円にした事で、
結果が2倍になるかというと、これは違います。

私の場合は多すぎですが、少し多めに払うだけ、
今回だったら、エクスプレスパスを2万円分買うとか。

たったそれだけで、まったく別の結果になります。

ケチケチしたら大きな結果を得られません。


往復のグリーン車の4万円は無駄だった気もしますが、
それでも、ぐっすり寝れたのでよかったと思います。

全体的に、ケチケチしなくて良かったです。


さて、この旅費って経費で落ちるのか?

基本的に、家族旅行は経費で落ちません。

これを税務上なんとか経費で落としたい場合、
まず、メルマガ、ブログで書く。

私が今回、このように書いたのは、
この26万円を経費で落とすためです。

根拠と証拠、これが経費性ですが、
税務署に説明するのに強い武器があります。

それが嫁の喧嘩映像です。

この映像は、約8年間、延べで言ったら、
30万人の人が見た事になってます。

この事での金額的なメリットを証明すれば、
経費計上は可能ですが、

ただ、子供2人のグリーン車代はだぶん無理で、
そこを指摘されたら、見なし給料扱いになります。


その他、USJ代とかケチケチしてはダメって
ノウハウに繋げたので、経費で落ちるでしょう。

ホテル代金も大丈夫です。

どちらにせよ、子供の料金が
話し合いの焦点になりますが、

つねに経費で落ちるか、落ちないか、
根拠を考えて、その証拠をつくる癖を作る。

そうすれば、税務調査が入ったときでも、
税務署と話し合えます。

ただ、税金をある程度払っている事が条件になりますけどね。


でも、家族旅行は疲れます。
もう44才なので無理です。

世のお父さん方、一緒にがんばりましょう。

 

 

東大の家庭教師を2人つけました。

七星です。


小学4年生の息子に、

東大の家庭教師をつけました。

効果はありますね。

ちなみに、

家庭教師のトライは、やめた方がいいです。

過去に、何回も酷い目にあいました。


いま、子供3人の教育費で、

月30万円ぐらいかかっています。

公文、栄光ゼミ、空手、家庭教師、

私が、普通のサラリーマンだったら、

まず無理だと思います。

 


今回、派遣会社を使って、

東大の家庭教師を

見つけてもらったのですが、

1回90分で、週4回教えてもらっています。

時給6,000円なので、一回9,000円、

週4回なので、毎週36,000円。

家庭教師代だけで、

毎月14万円ぐらいかかっています。

でも、安い買い物だと思います。

 


よかった事ですが、

2人の家庭教師をつけた事です。

これが、1人だったら

効果が薄かった気がします。

算数と、国語で、各1人づつ、

22歳と23歳の現役の東大生です。

けっこう、良い感じの子が

来てくれたのもありますが、

私が2人と連絡を取り合っていることを

2人の東大生はわかっているので、

他の人と、比較されているって

感覚があります。

だから、がんばらないとって感覚になっていて、

しっかりと教えてくれている感じです。

 


本当は、

私が教えることができれば良いのですが、

時間が取れないので、妻が教えていて、

子供たちは、妻の話は聞きません。

そうなると、ケンカになって、

トラブルになるのですが、

今回みたいに、外部の人間が、

自宅に来るとなると、よい事が多いです。

 


まず、家が綺麗になりました。笑

綺麗好きな妻なので、

家は、それなりに綺麗ですが、

やっぱり、多少は、

手抜きしている部分があって、

それがなくなり、

しっかりと整理整頓されている家になりました。


あと、子供の学力が格段にあがりました。

栄光のテストで、

2,000人中、1,900位ぐらいだったのが、

始めて3か月で、

2,000人中、1,000位まで改善。

逆にいうと、

今まで何もしてなかったって事です。

 


あと、失敗もあります。

最初は、国語、算数、理科、社会の

4教科を教えていたのですが、

勉強する姿勢がなってなかったので、

最初の一か月は、どうもうまくいきませんでした。

そこで、家庭教師の2人と話し合って、

「国語と算数だけを、とりあえずやって、

 勉強する形ができたら、理科、社会をしましょう」

という事にしたのもよかったです。

来年から、理科と社会も教えることになりました。

 


昔から、お手伝いさんを雇用したいと

思っていたのですが、

妻がすごく嫌がっていました。

でも、いま考えると、

外部の人が入ると、子供も素直になるし、

お金に余裕もあったので、

子供の教育って観点でも、

お手伝いさんとか必要だったと思います。

お手伝いさんは、お金をもらっているので、

私には礼儀正しいはずです。

その姿を、日ごろから見せることで、

子供が親をしっかりと尊敬する。

そういう形を作ることができた気がしました。

 


あと、娘の時は、

私の知り合いの大学生を

家庭教師にしていたのですが、

いま考えると、ダメですね。

今回の大学生2人は、

家庭教師の経験が3年あるので、

しっかりとしています。


ただ、家庭教師は、

住んでいる場所がしっかりしていないと、

よい家庭教師がきません。

私が住んでいる街は、高田馬場で、

学生の街なので、派遣会社に募集をお願いしたら、

良い人材が、すぐに集まったので、

それは良かったです。

これが埼玉とか、千葉だったら、

よい家庭教師が、

すぐには集まらなかったと思います。

 

 

中2の娘が不登校になりました。

七星です。


中2の娘が、3日間連続で、

学校を欠席しました。

朝、「学校に行きたくない」って騒ぎだして、

まぁ、たまにはいいか~と思ったので、

「明日は行けよ」と言って、

学校を休む許可を出したのですが、

それがダメでした。

 


2日目も

「行きたくない」って言いだし、

明日こそ絶対に行く と約束したので、

そこも許したのですが、

なんと、3日目も

「行きたくない」と言い出しました。

びっくり仰天です。

朝、トイレに閉じこもって出てこない。

さすがに、無いと思ったので、

強引にトイレから引きずりだしたのですが、

それでも、柱や扉にしがみ付いて、

「行きたくない」と嫌がるので、

髪の毛をワシ掴みにして、

髪の毛だけで、体を引きずり、

制服と靴と、本人を車に投げ込み、

強引に、学校に連れて行くことにしたのですが、

結局、その日は、

あまりにも、暴れるので、諦めて、

「次の日は絶対に行く」と、

三度目の約束をさせました。

はたから見たら、完全にDVです。

顔は叩かなかったのですが、

ボコボコにしてやりました。

 


でも、暴力をふるってよかったと思います。

私は、体罰をするタイプで、

子供が悪い事をしたら、ボコボコにします。

でも、重要な事を意識していて、

子供が悪い事をしたって自覚している事です。

よく、子供が引きこもりになって、

ニートで働かない子の話を聞きますが、

それは、親がナメられているからで、

人は、快楽を求めて、苦痛を避けます。

この原理原則からわかるのですが、

親が快楽だけで、

子供をコントロールするのは難しいと思います。

 


今回の件も、3日目の夜に、

「おまえ!明日は絶対に学校行けよ」

って話したら、

「髪の毛引っ張られるから行く」

って渋々言って、実際、学校に行きました。

学校に行きたくなかった理由は、

部活でトラブルがあったみたいで、

それは、自分で解決するべきなので、

親が出るのは、まだ早いと考えていました。

あれだけの、暴力をふるったにも関わらず、

娘は自分が悪いことをしたので、仕方がない。

と、感じているようでした。

 


親は、子供が間違った事をした時とか、

いざという時は、

殺気をだすぐらい、そして、命に変えても、

ってくらいの気持ちで、

正さないといけないと思います。

今回の私の行動は、

正しかったと自覚しています。

子供の教育に、暴力は必要です。

 


あと、携帯での

友達とのやり取りの80%は、

妻が監視しています。

なので、3日間休んだら、

友達や先輩から、

「どうしたの? 

 あんな事、気にしないでいいよ」

とか、朝、携帯がガンガン鳴ったり、

心配してくれる人が、6人ぐらいいて、

イジメられているとか、

友達がいないってわけではないので、

そこは安心しています。

 


ちなみに、中学3年生ぐらいまでは、

子供の携帯は、親が監視するべきです。

子供からパスワードを教えてもらい、

いつでも、親が中身を見ることができる

約束をしておきましょう。

どんなに子供が嫌がっても、

これは、やるべきです。

一字一句、すべてを監視する必要はないけど、

監視されているという感覚が、

子供に、あるないでは、大きな違いです。

そこも、子供に負けてはダメです。

子育て、スタッフ教育、

お客様とのコミュニケーションもそうですが、

相手にナメられてはいけません。

あのデヴィ夫人に対しても、

私はナメられないように、

あの手、この手、使ってます。

何事も、他人に、

ナメられたらダメって事です。

 


娘の反抗期は、だいぶ落ち着きました。

普通に、リビングで、

2人で会話ができるようになりました。

あとは、クリスマスシーズンなので、

いろいろ甘えてくるようになりました。笑

でも、ここから先は長そうで、

2人で買い物とかは、20歳を超えてからかな?

うちの子は、

小学3年、小学4年、中学2年ですが、

最近、自我が芽生えてきているので、

また違った、大変さを感じています。

子供を育てるって、本当に大変ですね。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 47