中2の娘が不登校になりました。

七星です。


中2の娘が、3日間連続で、

学校を欠席しました。

朝、「学校に行きたくない」って騒ぎだして、

まぁ、たまにはいいか~と思ったので、

「明日は行けよ」と言って、

学校を休む許可を出したのですが、

それがダメでした。

 


2日目も

「行きたくない」って言いだし、

明日こそ絶対に行く と約束したので、

そこも許したのですが、

なんと、3日目も

「行きたくない」と言い出しました。

びっくり仰天です。

朝、トイレに閉じこもって出てこない。

さすがに、無いと思ったので、

強引にトイレから引きずりだしたのですが、

それでも、柱や扉にしがみ付いて、

「行きたくない」と嫌がるので、

髪の毛をワシ掴みにして、

髪の毛だけで、体を引きずり、

制服と靴と、本人を車に投げ込み、

強引に、学校に連れて行くことにしたのですが、

結局、その日は、

あまりにも、暴れるので、諦めて、

「次の日は絶対に行く」と、

三度目の約束をさせました。

はたから見たら、完全にDVです。

顔は叩かなかったのですが、

ボコボコにしてやりました。

 


でも、暴力をふるってよかったと思います。

私は、体罰をするタイプで、

子供が悪い事をしたら、ボコボコにします。

でも、重要な事を意識していて、

子供が悪い事をしたって自覚している事です。

よく、子供が引きこもりになって、

ニートで働かない子の話を聞きますが、

それは、親がナメられているからで、

人は、快楽を求めて、苦痛を避けます。

この原理原則からわかるのですが、

親が快楽だけで、

子供をコントロールするのは難しいと思います。

 


今回の件も、3日目の夜に、

「おまえ!明日は絶対に学校行けよ」

って話したら、

「髪の毛引っ張られるから行く」

って渋々言って、実際、学校に行きました。

学校に行きたくなかった理由は、

部活でトラブルがあったみたいで、

それは、自分で解決するべきなので、

親が出るのは、まだ早いと考えていました。

あれだけの、暴力をふるったにも関わらず、

娘は自分が悪いことをしたので、仕方がない。

と、感じているようでした。

 


親は、子供が間違った事をした時とか、

いざという時は、

殺気をだすぐらい、そして、命に変えても、

ってくらいの気持ちで、

正さないといけないと思います。

今回の私の行動は、

正しかったと自覚しています。

子供の教育に、暴力は必要です。

 


あと、携帯での

友達とのやり取りの80%は、

妻が監視しています。

なので、3日間休んだら、

友達や先輩から、

「どうしたの? 

 あんな事、気にしないでいいよ」

とか、朝、携帯がガンガン鳴ったり、

心配してくれる人が、6人ぐらいいて、

イジメられているとか、

友達がいないってわけではないので、

そこは安心しています。

 


ちなみに、中学3年生ぐらいまでは、

子供の携帯は、親が監視するべきです。

子供からパスワードを教えてもらい、

いつでも、親が中身を見ることができる

約束をしておきましょう。

どんなに子供が嫌がっても、

これは、やるべきです。

一字一句、すべてを監視する必要はないけど、

監視されているという感覚が、

子供に、あるないでは、大きな違いです。

そこも、子供に負けてはダメです。

子育て、スタッフ教育、

お客様とのコミュニケーションもそうですが、

相手にナメられてはいけません。

あのデヴィ夫人に対しても、

私はナメられないように、

あの手、この手、使ってます。

何事も、他人に、

ナメられたらダメって事です。

 


娘の反抗期は、だいぶ落ち着きました。

普通に、リビングで、

2人で会話ができるようになりました。

あとは、クリスマスシーズンなので、

いろいろ甘えてくるようになりました。笑

でも、ここから先は長そうで、

2人で買い物とかは、20歳を超えてからかな?

うちの子は、

小学3年、小学4年、中学2年ですが、

最近、自我が芽生えてきているので、

また違った、大変さを感じています。

子供を育てるって、本当に大変ですね。

 

 

もし全面戦争になったとしたら・・・

七星です。


じつは、戦争って、

戦う前が一番重要です。

もし、私が誰かと全面戦争をするとしたら、

まず何をするかお伝えします。

 


まず、重要なのが、根回しです。

味方をどれだけ作るか』

これが重要です。

1人1人電話をして、同盟関係を構築します。

その時に、相手に上納品を渡します。

その上納品は、その人ごとに違って、

現金を渡すという行為が、一番愚かで、

多種多彩です。

人によっては、家族ネタを使ったり。

 


あと、重要なのが、

相手より早く動く事です。

相手も同じ事をしてきます。


あとは、スピードです。

相手より、1秒でも早く、電話をする事です。

これは、本当に重要で、

人は、先に聞いた人の話を信用し、

力になる性質があります。

情報ゼロの状態だと、説明が簡単ですが、

相手に何かしらの情報が入った状態で説明すると、

それは説明ではなく、説得になるからです。

ここまでは、当たり前の情報ですが、

今日の本題はここからです。

 


誰かと戦う場合は、

自分の弱点を先に潰した方がいいです。

これが重要な考え方です。

私の場合、弱点は家族です。

なので、もし私が誰かと、

ガチで戦うことになったら、

まず、自宅住所を公開します。

子供たちの学校名も公開します。

もちろん、家族の実名をフルネームで公開、

生年月日から、すべての情報を出します。

家族ひとりひとり、写真も公開します。

あと、言われたらまずい秘密

全て先に公開します。

これで、私の弱点がなくなるので、

攻撃力が、数倍に上がります。

 


じつは、家族がいない人は強いです。

悪いことでも、なんでもできるし、

無茶ができるってことです。

正義のヒーローが、

守る物があると強くなるって言うけど、

あれ、ウソです。笑

守る物がない方が、

なんでもできるので強くなれます。

要は、私もその状態になるって事です。

 


あと、なぜ先に弱点を出すかと言うと、

相手に、先に弱点を突かれると、

ダメージが大きいけど、

自分からだと、調整できるし、

ダメージ量を減らすことができます。

人は弱点をさらけ出す事で、

強くなる事ができる。

これは、会社同士の競争だったり、

ビジネスだったり、

やっぱり戦うことって重要です。


なんでもそうですが、

『段取り8割 現場が2割』 です。

 

機嫌を悪くすれば、優しくされると勘違いする女

七星です。


釣った女性にエサを与えない、

そんな男も悪いのですが、

結婚したり、付き合って、

付き合いが長くなると、

女性は、本当に調子にのります。

 


男の場合は、

怒鳴るとか、暴力を振るう、という方法で、

自分の思い通りに進めようとしますが、

女性の場合は、

機嫌を悪くしたり、文句を言ったりします。

でも、私から言わせれば、それも暴力です。

 


私も、若い頃は、

自分の思い通りにならなかったら、

大きな声を出したり、攻撃的に威圧して、

暴力こそふるわなかったけど、

似たような事をしていました。

でも、それって、

コミュニケーション力が弱くて、

頭が悪い人間の行動です。

そこは、自分の感情をコントロールして、

相手を誘導して、よい関係性を保つべきです。

 


頭が悪い女性ほど、

機嫌を悪くしたり、文句を言って、

男に、優しくしてもらおうとします。

これは、男からしたら、やめて欲しいです。

DV男が、暴力で、

女性を自分の思い通りにする行動と、

違いはほぼないです。

そうではなく、

もっと違ったアプローチがあると思います。

 

機嫌を悪くしたり、文句を言うのは、

ネガティブなことなので、まずはお願いする。

それでも、ダメなら、

実践してみるって行動もいいです。

例えば、どこかに

遊びに連れて行って欲しいなら、

パンフレットを机の上に置くとか、

あとは、自分主体ではなく、

まず、相手が好きなことから始める。

なんか、彼氏、旦那になった瞬間、

女性って、どうして、こんなに偉くなるのか?

不思議で仕方がないです。

 


女性は、年齢が

上がれば、上がるほど、不利になります。

それを理解して、

もっと頭がいい立ち居振舞いを

した方がいいです。

私でも、

これだけ面倒だな~って思うので、

普通の人とか、

そうとう、女性に苦労していると感じてます。

 


結局、お互いが、

愛し合って、相手を尊重しあえれば、

よい関係が築けると思うのですが、

ネガティブな感情や行動は、

ネガティブな結果しか生まれませんからね。

自己中心的な人は、損をすると思います。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 46