2年ぶりに、パパと呼ばれました

七星です。

娘の反抗期ネタですが、

だいぶ収まりましたね。

小学校6年生から始まり、

中学校1年生の時が、最高潮にひどくて、

中学校2年生の今現在、

パパが大好きだった頃の面影はないけど、

普通に会話ができるレベルまで回復です。

前に、「パパの何がキライなの?」って質問したら、

『声』って即答されました。笑

生理的にダメって事で、

明確な理由はないけど、キライ。

約2年間、

目を合わせて会話をした事がなかったです。

ここ最近、週に一回、

目を見て会話するようになりました。

あと、久しぶりに妻と娘と、

3人だけで買い物にも行きました。

1年前の反抗期MAXからは想像できない事です。

そして、先週、2年ぶりかな?

パパと呼ばれました。

『ジョジョの奇妙な冒険』を

子供たちと見ていたのですが、

その時、何かの拍子に、

「パパ、あれやって。」

っと、言われました。


久しぶりに聞いたフレーズです。

ちょっと嬉しかったですね。

わかっていたのですが、ここまで早いペースで

反抗期が収まるとは思いませんでした。


高校2年生~20歳くらいまでは覚悟していましたが、

この感じだと、来年には、

2人で買い物とか行くペースです。

なんとなくですが、下記の順番で、

心境の変化があったと思います。


恥ずかしい⇒不思議

なんか嫌⇒違和感

なんかキライ⇒一緒に居たくない。

キライ⇒攻撃対象

大嫌い⇒存在を消したい

無視⇒諦めた

疲れた⇒なにもメリットがない

どうでもいい⇒どうしてキライだったのかな?

妥協⇒メリットがあるならキライをガマンできる。


いまの、娘は、

「怒っても何のメリットもないし、もうどうでもよくなった」

そんな感じです。

来年か再来年には、

「なんであんなにキライだったんだろう」

って、不思議になると思います。

壮絶な反抗期を経験して、

※死ね!って、

 50回連続で言われました。笑

対処法としては、

放っておく、無視する、何もしない、が8割。

あとの2割は、ちょっかいを出して、

愛している、って表現をする。

はじめての恋愛観って、

父親からの愛情の受け方が出てきます。

父親の影響が強いです。

なので、ここで甘やかし過ぎてもダメだし、

厳し過ぎてもダメです。

とりあえず、今回、反抗期の娘の対応で

分かったのですが、

うちの娘が、

ダメ男を好きになる事はないです。

「冷たくしても、愛情を注ぐ」

ということが、うちの娘の男の基準になりました。

DV男を好きになる女性は、

父親からの愛情をもらってない人が大半です。

もう中学校2年生なので、

基本となるベースの人格は完成してます。

ここからベースを変えることはできないので

もう、今までの教育がそのまま、

彼女の人格になります。

教育の答えは、

10年後、20年後ですね。

子供達の教育 成功事例!

七星です。


最近、子供たちの教育で、

やってよかったことがあります。

それはガマンをさせる事です。

狙ったわけではないけど、

絶妙なタイミングで上手く行きました。

 


小学3年生と、4年生の息子2人の

中学受験が始まったので、

勉強をするように言っているけど、

なかなか言う事を聞きません。


そこでゲーム禁止、おもちゃを取り上げる。

テレビも見ちゃダメと、

どんどん禁止事項を増やしたのですが、

それを素直に聞いて、しっかりとガマンしている

子供たちを見ていると、なんか、このタイミングで

がまんを覚えることができて、よかったと感じました。


子供のころに、禁止されたり、

がまんをする経験がない子供は、

大人になって、集中力が弱い子になる気がします。

ただ、このガマンさせている事も、

重要な要因があって、夢や目標を持たせます。


一生ダメではなく、中学校に入って、

普通の成績を取っているなら、

好きにしていいと、伝えてます。

なので、がまんしているけど、将来はできる。遊べる。

だから、いまは遊びをがまんして勉強する。

よい歯車になりました。


そして、中学二年生の娘が、学年で20位前後の成績で、

私としては、満足しているし、娘も勉強は、うまくこなしてて、

なおかつ、ゲームとかビデオとか、好き放題なのですが、

成績が良いから、好きにさせていると

それを見た息子達が、本当に頑張れば、

お姉ちゃんみたいに自由になるんだ~

と、さらに頑張り出しました。


今までは、欲しい物は全て与えて、

遊びも全て自由でしたが、

それが、ある意味、

快楽という刺激を覚え込ませて、

その快楽が欲しいからがんばる。

そういう歯車になった。


でも、もしタイミングを間違えたら、

快楽をがまんできない

ダメな大人になったかもしれない。

そう考えると、今回はタイミングがばっちりでした。

人は苦痛をさけて、快楽を求める。

この理論をもとにした子育ては、

現時点では大成功みたいです。

 

娘の反抗期

2016_08_26

七星です。

 


最近、どういう心境の変化なのか、

娘と、数年ぶりに、

同じベットで寝ています。

もともと、家族5人、

川の字で寝るのが、七星家でしたが、

最近は、自分の部屋で寝ないで、

家族一緒に、寝る事が多くなりました。

不思議です。

 


きっかけは、娘の部屋のクーラーが

壊れた事ですが、直った後も、

一緒に寝るようになりました。

と言っても、私の横ではなく、

もちろん母親の横ですが、

それでも、すごい心境の変化です。

 


小学6年生から始まった、

娘の反抗期ですが、

中学2年生の夏になって、

だいぶ落ち着き、

一時期の猛烈な反抗期は

無くなってます。

最近では、興味がない。の段階です。

 


無視と、興味がないは、まったく違います。

無視は、嫌いだから、

意図的に無視をしていますが、

興味がないって事は、

嫌いじゃないって事で、

やっとフラット、

スタートラインに立った感じで、

これから、徐々に、

私に興味をもつ段階になると思います。


○○買ってとか、○○行きたいとか、

メリットを考えたら、

私と、しっかりと付き合った方がいい。

もう少ししたら、

普通の親子関係になると思います。

 


食事や旅行、買い物も、

家族5人で行くようになりました。

いま、中学2年生の娘の身長が、

162センチあって、バカでかいです。

寝ている姿を見ていると、

「デカ!」って感じです。

小さくて可愛かった時が、なつかしいです。


ちなみに、寝ている時に、

あまりに可愛いから、

ほっぺにキスしたら、それがバレて、

「うわ!なにしてるの、気持ち悪い」

って怒られて、

また、自分の部屋で寝るようになりました。笑

 


子供の反抗期も、

成長してるな~って感じで、

ある意味、楽しいです。

急激に反抗期になったので、

冷めるのも早かった気がします。

反抗期の特効薬は、

『あきらめる。気にしない。ちょっかいは出す』

でした。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 47