悪口を言う人

悪口を言う人

 

七星です。

私の立場になると、

いろんな人が近づいてきます。

 

面白いのが、

誰かの悪口を言って、

その人と、私を対立させそうとする。

そんな人が多いです。

 

一番、多いのが、

与沢さんと、私を戦わせたい人

 

一時期、人間関係に疲れたのですが、

ひとつのルールを作ったら、

楽になりました。

 

それは、 自分の直感を信じる。

 

私の場合は、心理学をマスターしているので、

相手が私のことを、 好きか 嫌いか これが解ります。

 

なので、 私のなかのルールが、

私のことが、嫌いでなかったら、気にしない。

または、私のことを、嫌いな人とは付き合わない。

 

好きでいてくれる人と、だけ、付き合う は、 ダメ です。

これは、YESマン だけを集めてしまい

成功者が破滅するパターンです。

 

私から見たら、ホリエモンとか、そんな感じです。

 

なので、私の場合は、

私のことを、嫌いでない人 も 付き合う対象です。

 

なんか、こんなことを書くと、

七星は、やけに、高飛車 だな~~ って思うかも知れませんが、

付き合う、付き合わない。って、相手が決めることではなく

自分自身が決めることです。

 

自己利益率 が高い人と、付き合うと、

あなたは、幸せにはなれません。

 

環境はすごく重要で、

とくに誰と付き合うか、が1番重要です。

 

なので、誰と付き合うか、付き合わないかは、

あなたが決めることで、他人が決めることではない。

 

私が、ある程度結果を出しているのは、

やはり、付き合う人を、しっかりと選べる立場になった

 

でも、これは、サラリーマンや会社員も同じ。

働く場所、会社選びも、付き合う人を決める要因です。

 

上司が嫌、同僚が嫌 とか、付き合う人が変えられない。

そんなの言い訳です。

 

そこで、働くって決めたのは、たぶん、本人だと思います。

仕方がなくでもなく、最終決定は、あなたがしていると思います。

 

なので、言い方を変えたら、

私のことを、嫌いな人とは、付き合わない。

・好き

・普通

・嫌い

3つのパターンに分けて、

好き 普通 2つの人と付き合って、

嫌いな人と付き合わない。

 

そして、付き合うからには、

どんなことを言われても、その人を信用して、

楽しくお付き合いする。

 

これが、ここ最近の私のルールです。

なので、心理学を学ぶ ってすごく重要ですからね。

 

IBAでは、私の心理学セミナーが授業にはいってます。

 

誰と付き合うか は、人生ですごく重要な要素です。

 

ぜひ、相手が自分のことを

好きか、嫌いか、見極める力を身に付けてください。

 

結果が出ない人は、

周りや環境のせいにするので、

まず、はじめに 周りを変えようとします。

 

結果が出る人は、

まずは自分を改善する、向上させる、

この違いは、とてつもなく大きいです。

 

よく、他人を変えたかったら

自分が変わるしかないって言いますが、

本当ですね。

 

人生 かわりますよ。

 

使えない人に、イライラしない秘訣

怒り

 

七星です。

子供の教育が、最近、楽しいです。

いや~~

言うことをまったくききませんね。

思ったとおりにならない。

 

いま、試行錯誤の連続です。

 

これは、職人時代からやっていることですが、

使えない見習いとかに教える時

イライラしたないための秘訣。

 

100回教える気持ち で説明する

そして、100回試す です。

 

私は、心理学をマスターしているので、

直接的な命令は、あまりしません。

できるだけ、間接的な環境で、相手を誘導します。

 

イソップ童話で、

北風と太陽 という話があります。

北風と太陽が力比べをしようとする。

 

そこで、旅人の上着を脱がせる勝負を始めました。

 

北風が力いっぱい吹いたけど、

上着をしっかり押さえてしまい、

旅人の服を脱がせることができなかった。

 

でも、太陽が、旅人を光で包み込むと、、

旅人は暑さに耐え切れず、

自分から上着を脱いでしまった。

 

間接的な力とは、太陽の力と同じ です。

私は、試行錯誤で、この間接的な力を試してます。

 

子供が朝、起きなければ、

目覚まし時計を、5つ買ってきて、

どれが一番起きるか。

これは、意外と効果ありました。

ポケモンが一番効果ありました。

 

100回教える気持ちも重要なのですが、

いまは、環境を100回試す ここに重点をおいてます。

 

組織作りも同じで、環境がすごく重要で、

社長の仕事は、環境作り です。

 

誰かの何かを変えたいなら、

あれこれ、教えたり、育てたりする時代は終わりました。

 

また、私自身も、そんな効果のうすい事をしてはいけません。

 

環境を変えたことによる

変化を観察する。

これが、間接的な力を、手に入れる秘訣です。

 

ps
スタッフに、セミナーを開かせるとか、

ビジネスを任せる とかも、間接的な力です。

【映像あり】 NOが無い世界 レンジャー訓練

七星です。

七星明が、ちょっとだけ人より強いのは

自衛隊の訓練を乗り越えているからです。

 

訓練の目的は、

「 いかにして、困難な状況に追い込むか・・・ 」

怖いです。

 

ちなみに、レンジャーに、NOという言葉は、ないです。

上官に何か言われたら、必ず

「 レンジャー 」 と答えないといけません。

 

面白い映像を見つけたので、紹介します。

 

 

レンジャーとは、

自衛隊の中での、

特殊訓練を受けた精鋭のことをさします。

米軍で言ったら、グリーベレーとかですね。

 

私の場合は、新隊員教育なので、

ここまで酷くないけど、

ま~~ 似たようなことはしてきました。

 

辛かったですし、良い経験になりました。

 

レンジャー教育の映像は、

まじ、知っているだけに、

まったく笑えないし、

ヤラセとか、演出とかまったくない です。

 

動画の中でも、

伝説のレンジャー教官 が話してますが、

単なる知識の教育じゃなくて、

みずから体験して頭と体で覚えるから

本物のリーダーシップが身に付きます。

リーダーシップは、決断力 だと思います。

 

NOと言えない環境だからこそ、

「 NOをYESに変えるにはどうするか 」

を、一生懸命、考える。

 

こういう訓練を毎日やって

教官から怒られまくって、

やっと、自分で考えて決断する力が身に付きます。

それが、リーダーシップ です。

 

人は、困難を乗り越え分だけ、

成長できます。

⇒⇒⇒ 実録レンジャー訓練 を見る

見てたら、涙でてきた。

 

一回、己を超えた訓練を、受けてみることは、

強くおススメしますね。

いや~~ でも、俺はもうイイヤ 笑

 

1 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 126