子供は産んではダメですね。

七星です。

 

最近思うのですが、
20代で結婚したり、家を買ってはダメです。

 

こんなことは、当然だと思います。

 

家はマジで買わないでください。

 

なぜ家を買っていけないのか。

それは引っ越しができなくなるからです。

 

引っ越しができないと、いざと言う時に、
住む場所を変えることができないので、
チャンスを逃す可能性もあるし、

移動時間がかかりすぎて、
無駄が多くなります。

 

それと同じで、子供がいると、
もちろん良い面もありますが、

小学校に上がると、
しばらく引っ越しが難しくなります。

 

私の場合は新宿なので、まだいいけど、
埼玉とか千葉、神奈川とかで、
家を買っていると、だいぶ厳しいです。

 

過去に、いろんな人を見てきましたが、
地方に自宅を購入している人は、
いろいろとチャンスを逃しやすいです。

 

状況に合わせて、住む場所を
変えることができないリスクを考えると、
家は買わないで、賃貸にした方がいいです。

 

そこで問題があって、
女って生き物は、なぜか家を欲しがる。

 

これは石器時代からの、
遺伝子的な行動だと思いますが、

貝塚や洞窟じゃないけど、
きちんとした住処がないと、
子供をしっかりと育てることができない。

 

なので
「家が欲しい」となるんでしょうね~~~

 

近くの獲物がなくなったら、住処を変える。

それがそもそも男の本能です。

 

やっぱり東京に来ましょう。
チャンスがいっぱいあります。

 

理想は、男は40歳までは結婚しないで、
自分磨きと収入を上げる。

そして、40歳の時に、
25歳ぐらいの女性と結婚する。

女性は25歳ぐらいがちょうどいい。

 

年齢差15歳なんて何も問題ないです。

 

そして5年間で、子供を3人ぐらい産む。

妻が30歳までに、3人なら体力的にも問題ない。

 

収入的に可能なら、家政婦さんを雇う。

家事は大変なので、お金の力を使って、
楽をさせてあげた方がいい。

あと、外部の力が入ると、
子供にもいろいろ良い影響がある。

 

私の今の状況は、
失敗とまで言わないけど、成功ではない。

 

いま20代のみんな、ぜひ、実現させてください。

美女、欲しいですか?

七星です。

 

私のまわりは美女が多いです。
そして、美女と仲良くなる事が得意です。

そのコツみたいなことに
気が付いたので、ご報告します。

 

私の場合は、いろいろな要素で、
それなりに美女の知り合いが多いです。

 

お金だったり、美味しい食事だったり、
楽しい遊び、あとは紳士的なふるまい。

 

複合的な要素が含まれてますが、
じつは、一番大きいのが、

「女性の美を応援している」ということです。

だから美女の友人が多いと思います。

 

美意識が高い人は、まず食事制限をしてます。
なので、炭水化物は食べません。

お寿司屋さんに行くのは、完全にNGです。

ラーメンを食べに誘うとか、
二度と遊んでくれません。
パスタも最悪です。

 

基本、私も炭水化物は控えているので、
そこらへんの食事の意識が近いです。

 

なので、ラーメン屋に行って、
麺なし、野菜大盛りを食べるとか、
すごく喜ばれます。

 

あと、会った時に、
必ずメイクや服装を褒めます。

これは当たり前ですが、
やはり女性は嬉しいみたいです。

 

一番簡単な褒め方は、色使いです。

くつ、かばん、ネイル、
イヤリング、ネックレス、

ここらへんは、よく色を合わせているので、
同じ色があったら、

ネックレスとネイルの色、
合ってるね。って、

簡単に褒めることができます。

 

あとは、髪の毛です。
美女は二週間に一回は、カラーリングしてます。
多い人だと、週一です。

たまにしか会わない子だったら、
「カラーリングしたんだね~いい色じゃん。」
って言えば、だいたいイケます。

 

「そうなの~、昨日してきたの!」
って、一週間以内のカラーリングだった場合は、

「一週間ぐらいで色落ち着くからね!
 どんな感じになるか楽しみだね。」

っていうのは鉄板の返し方です。

 

あと、私の場合は、

おススメの
美容整形のお店と、脱毛のお店も知ってます。

 

なので、脱毛とかボトックスで悩んでいたら、
お店を紹介してあげます。

最近、ボトックス、3回で8万円とか、
びっくりするくらい安いお店を見つけました。

仲良しの子がスタッフとして働いてるので、
安心して紹介できます。

 

いろんな子の情報を総合すると、
品〇整形はイマイチって事が
最近、わかりました。

同じ内容で、
たぶん、3回で24万円ぐらいかかります。

 

脱毛も、いいお店を二店舗、知ってます。
医療系脱毛と、エステ系脱毛です。

 

あと、メイクにもうるさいです。

夜の子は、メイクが濃いです。
昼の子は、メイクが下手。

 

そこらへんも、教えてあげると喜びます。
もちろん、言い方もありますが、

歩いている時に、さらっと指摘するのが、
比較的、嫌みがなくなります。

「ファンデーションが
 ちょっとあってない気がするけど、
 どうなのかな~」

って感じがいいです。

 

あと、アイラインってすごく重要で、
ここだけで、メイクの感じが
ガラっと変わります。

美意識が高い子は、
アイライナーを必ずもっているので、

もし、アイラインが薄くて、
もう少し濃い方がいいと思ったら、

服装や遊びに行く場所に合わせて、
その場で、アイラインを引き直させると
おもしろいです。

 

それから、カラコンを入れてたら、
必ず話題に入れてください。

輪郭強調の場合は、その事と、
色付きなら、色の事も。

 

自分よがりで、
ただエッチがしたいだけの男性は、
私はどうかと思います。

 

せっかくなら、
将来、結婚式に呼ばれたいじゃないですか。

私はそういう関係を目指して、
女性と楽しく時間を過ごしてます。

 

P.S.

おススメの産婦人科もあります。

小さい医院だと、性病がひどかったりすると、
帰れ、帰れ!って言われますからね。

一回、付き添いで行って、
あの対応にはびっくりしました。

この10年間、女性の悩みを聞いて、
解決し続けているので、
お店系のノウハウはありますね。笑

 

ニューヨーク2日目 死にたいです

1

※文末に他の写真と動画があります

 

七星です。


なかなか時間が取れなくて、
メルマガを発行できませんでした。

デヴィ夫人は、
連日連夜、いろんな人と会ってますが、
私は、正直、死にたいと思ってます。


英語が話せません・・・。

あまりにも自分がダメすぎて
死にたい気持ちなります。

たぶんですが、
すごい人たちを紹介して頂いています。

ブロードウェイの女優さんや、
ハリウッドの映画監督、
ソフトバンクの孫さんのご自宅を設計した人とか、

でも、まったく英語が話せないので、
今回も相当なトラウマを頂いています。

やはり英語は覚えないといけませんね。

明日からは、ロンドンに移動して、
夫人の娘さんのカリナさんや、
お孫さんのキラン君に会いに行ってきます。


今回、一着しかスーツを持って行かなかったら、
すこし怒られました。笑

なので、ニューヨークでは、
デヴィ夫人が、私を大改造するとの事で、

半日かけて、スーツやカバン等の
買い物に付き合ってくれました。

デヴィ夫人おすすめの
メンズのお店を紹介してもらい、

全てデヴィ夫人チョイスで
服をコーディネイトしてもらい、

スーツが上下で7,000ドル 約80万円、
靴が2,000ドル 約25万円ぐらい
合計で100万円超えましたが、

セントラルパークのすぐ横の、
たぶん最高に高級店で、生地の仕立ても最高によく、

私もそれなりに服は知っているので、
満足の買い物です。

デヴィ夫人と二人でニューヨークに来て、服を買う。

こんな経験はなかなかできません。

即決で購入したのですが、青をベースにした、
英国紳士風のスーツなので、
今度、セミナーの時に披露します。


普段の自分なら、選ばないチョイスですが、
場所に合わせて服の選び。

今回の旅で、世界での服選びを学びました。


夫人には、
海外の社交場に何回も連れて行ってもらって、
5年前に比べたら、少しは慣れました。

死にたいって言ってますが、
死にたいくらいの居心地の悪さで、

快適な空間(コンフォートゾーン)にいたら、
いつまでも成長しません。

つらい環境に身を置いてこそ、成長があります。


昨日の食事会は、とくにつらかったな~~。

テーブルに、英語がまったく話せない私が、
ひとりぽつんと座る苦しみ。

解ってくれるかな~~~。


あと、6回ほど、
ランチとディナーの予定があります。

なので、あと6回苦しみます。笑

2 3 4 5 6 7

 

1 2 3 4 5 6 45