映画『ソードアート・オンライン』楽しかったです

ゲーム大好き 七星明です。


今日は、バリバリゲームのお話です。

先日、子供達と
映画の『ソードアート・オンライン』を見てきました。

娘と息子2人連れて、
4人で出かけるのは、3年ぶりです。

この『ソードアート・オンライン』は、
仮想空間で、ゲームをする映画ですが、

今日は、20年前の1997年にスタートした、
世界発のオンラインゲーム
『ウルティマオンライン』のお話です。


私がオンラインゲームを始めたのは、
今から20年前の24歳の時です。

そりゃ~わくわくしてました。

世界中のプレイヤーが同じ世界でゲームをする。

今ではあたり前ですが、
20年前では考えられない事です。

それを初めて実現してくれたのが、
『ウルティマオンライン』です。

決済は、クレジットカードだけだったのですが、
私はカードを持っていませんでした。

なので、会社の社長にクレジットカードを貸してもらって
プレイしたのを思い出しました。


はじめは、アメリカメインなので、
アメリカのサーバーでプレイしてました。

なので、コミュケーションが英語です。笑

当時は、翻訳ソフトもない時代で、
「cool」って言われた時、
「寒いって何?」って思いました。

いまなら、かっこいいって事だと分かりますが
私が単独で、ドラゴンを倒しているのを見て、
褒めてくれたのでしょう。


そして、翌年、待望の日本サーバー
『アスカ』が公開。

日本人が続々と、
アスカサーバーに引っ越してきました。

この時期は、宅八郎がブームの頃で、
ネットゲームをしている=オタク
というレッテルでした。

でも、実際、ギルドに入って遊んでいると、
ついにその時がきました。

オフ会をしようって事に・・・


当時の私のギルドは、
20人程度の小規模ギルドでした。

電話で話した事もないし、
ゲーム上で遊んでいるだけです。

今はオンライン電話で話しながら
ネットゲーをするのが当たり前のスタイルですが、

当時は、会話のコミュニケーションをする事は
恥ずかしいって風潮でした。

なので、文通相手と会うぐらいの感覚です。

3か月、同じゲームをしていても、
自分の素性をゲーム上でいうのは、
何か抵抗があるのですが、

リーダーには、みんないろいろ教えるので、
リーダー中心に情報が回ってきて、

一人が、巣鴨で居酒屋をやっている事が判明し、
そこに集まる事になりました。

実際、20人メンバーの中で、
関東以外の人は3人程度、大半は関東なので、
12人ぐらいのメンバーが集まりました。


その時は、怖かったです。

バリバリのオタクが集まってきて、
やばい会かもと思って、

お化け屋敷に行く感じだったのですが、
お店に行くと、意外と普通の人たちで、びっくりです。

あとで話を聞くと、みんな同じ気持ちで、
気持ち悪い奴らばかりの集まりだと思っていたみたいです。

ちなみに、女性が一人だけいて、
当時、ゲームをしている女子は、

やばい子ってイメージだったのですが、
まあ~、普通に見れる子でした。

結果としてオフ会は、大成功。

ネットゲームをする人は、普通なんだと、
みんなで理解しあえる会でしたね。


ネットゲームやりたくなってきた。

うん、早くエキスパを最強にして、
引退してゲーム三昧にしよう。って思いました。

アスカサーバーで
『ウルティマオンライン』やってた人っているのかな?

やってた人は、ぜひコメントください。

 

 

娘の反抗期(続編) あと、キャンプ場教えて

七星です。


娘とは、もう普通に会話ができます。

私がびっくりしています。笑


娘がお風呂に入っているときに話しかけたら、

「出たら教えてあげるから少し待って」

と、言われました。


ちょっと前なら、

「死ね!じじぃ、出てけ!」

って怒られたのに、
すごい変化が怖いです。

でも、あることを言うと、
めっちゃ怒り出して、反抗期の娘に戻ります。

反抗期の理由が解ってきました。


私のことが大嫌いになって、
反抗期になった原因がはっきりしてきました。

それは中学受験です。

予測はしていましたが、ほぼ確定です。


娘の中学受験は、初めてのお受験で
私も何をすればいいか解りませんでした。

そこで、知り合いの大学生を家庭教師にして、
毎日、私の事務所に通わせたのが一番の原因でした。

大人に囲まれて勉強する、
娘は、それが苦痛で苦痛で仕方がなかったみたいです。

あと、大人が七星の娘ってことでジロジロ見るから、
それも嫌だったみたいです。


しかも、家庭教師のことが嫌いだったみたいで、

「素人を連れてきた。パパの勧めることは、すべてダメ。騙された」

これが反抗期の決定的な原因でした。


これが本当にわかったのが、
最近、ご機嫌な娘と普通に話しているときに、
英語を外国人に教えてもらっているから、

「先生紹介しようか?」

って、私が言ったら、
いきなり、キレだして、

「パパのおすすめは絶対に嫌!
 受験の時、ひどい思いしたんだから」

って、怒り出しました。

そのあとも、

「全然反省してない!」

って、プンプン怒ってます。

なので、中学受験が
反抗期の決定的な理由だと理解しました。


本当なら、100倍返しで怒るとこなのですが、
この程度で私がキレるのはよくないし、

せっかく関係が改善しているのに、
そんなことをする必要がないので、

もう少し反抗期がなくなった時に、
こってり怒るつもりです。


ここで、娘がいきなりキレたことで
動揺してはダメです。弱い父親になるので。

でも、私がすげ~びっくりして、
娘が怒ることに、恐怖を感じました。

人間の心理って怖いですね。

これをうまく使うと、
恐怖で人をコントロールできます。

調教とか、洗脳の原理の一つとして、
少し勉強になりました。


あと、話は変わりますが、
どっか、良いキャンプ場知りませんか?

家族でキャンプしたいね。ってことなって
いま探しています。

関東で、東京から車で2時間以内で、
森の中のコテージみたいな感じで、
自由に遊べる感じがいいです。

もちろん金額は気にしないので、
どっかあったら教えてくください。

家族5人の旅行が、またできるようになりました。笑


良いキャンプ場知ってるよって方は、
コメント欄に書き込んでください!

 

中2の娘の反抗期が無くなりました

七星です。


「なんで、あの時に、
 あんなに殴られないといけなかったの?
 あの時の事を思い出すと、涙が出てくる・・・」

と、娘がボロボロ泣き出しました。


でも、それがきっかけで
反抗期が弱くなった気がします。

そして、なんと!

今度の日曜日に、娘と映画を見に行きます。

3年ぶりですね。笑


今日は、娘の反抗期が
急激に弱くなったきっかけをお話しします。


私は、攻撃的な性格なので、
子供達が言う事をきかないと体罰を与えます。

それも、暴力と言ってもいいくらい強烈にします。


最近、息子が妻に対して、
反抗的になってきて大変です。

この前も、あまりに酷いので、
ボコボコにしてやりました。

完全に暴力です。

でも、私はそれでいいと、心から思っています。

たまに、暴力はダメとか、反対意見がきますが、
言っても解らなければ、体で覚えさせないといけません。

でもビックリしたのが、
弟がボコボコにされているのを見た娘が、
いきなり、ボロボロ泣き出しました。

その理由は、娘が小学6年生の時に、
今回と同じく、

私が、娘をボコボコにした事があるのですが、
それを思い出して、泣き出しました。

「なんで、あの時に、
 あんなに殴られないといけなかったの?
 あの時の事を思い出すと、涙が出てくる・・・」 

との事です。

一瞬、ビックリしたのですが、
半分、笑いながら泣いているので、

「あれは、あなたの反抗期が酷すぎたからやった事で、
 悪いのは、あなただからね!」

って、言いきりました。


そしたら、

「わかってるけど、酷すぎだよ~」

って、また泣くので、

「それがトラウマになっているんだね」

って言ったら、

「そうだよ~~、トラウマになってるよ~」

って、また笑いながら泣き出すので、

「さすがに、やりすぎた、ごめんね」

って、謝りました。


いま考えると、
娘の反抗期が弱くなったきっかけは、
これかもしれません。

この事件から娘の態度が変わってきた感じがしますね。

 

思い出すと涙が出てくるって相当な事です。

なので、それが
きっかけになったのでしょう。

自分の体験と重ねる。

涙が出て、それがトラウマとわかった。

悪いのは自分と、客観的に理解している。

私も謝ったので、許した。

人間の心理は、そんなに簡単ではないと思いますが、
なにかキッカケにはなったと思います。


カウンセリングは、
まず泣かせてからが、仕事と言われています。

ある意味、これからが、
父親としてしっかりしないといけない
タイミングかもしれません。

反抗期が落ち着いたって事は、
1人の女性が生まれた感じです。


子供の反抗期で、結局、感じた事は、
気にしない。気にしない。でした。

いろいろ統計を取っていたのですが、
ある日突然、なんであんなにキライだったんだろう
ってなるって子が多くて、
娘に関しても、そんな感じでした。

子供の時みたいに、パパ大好き!
には、もうならないと思いますが、
今後は、女性として接していきます。


でも、だからと言って、
また娘に嫌われたくないからって、
親がビクビク、子供のご機嫌を伺う。

そんなアホな父親にはならないように気をつけます。

そういう親もいると思いますが、
それが子供を甘やかしてダメにするんだろうな~
と、感じました。

これから、第二の教育がスタートかもしれません。

子育ては大変です。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 45