都市伝説のレストランに行ってきました。

%e4%b8%83%e6%98%9f

※文末に他の写真もあります

 

七星です。


念願の『33』に行く事ができました。

『33』とは、ディズニーランドの中にある

株主や協賛企業しか予約が取れない

特別なレストランです。

完全紹介制で、コネがないと、

絶対に予約が取れませんが、

今回、コネができたので予約が取れました。

 


すごく良かったです。

室内の写真は、完全NGなので、

公開できないのですが、

秘密の入り口の写真は公開OKで、

この記事のトップの写真です。


まず、入口を探すのが大変で、

秘密のインターフォンがある感じでした。

中に入ると、可愛いメイド服を着た

キャストさんがいて、

中は、すごく広々としています。

アトラクション前の、控室みたいな感じで、

すごく気持ちがよかったです。

 

接客レベルも高く、

私は普段、美味しい物しか食べていないので、

食事に関してもうるさいのですが、

最高級のレベルを10としたら、

味だけで言ったら、6ぐらいで、

それほど、感激ってレベルではないのですが、

食事って、

誰と食べるか、どこで食べるか、が重要で、

そこはディズニーマジックです。

数段、美味しく感じました。

大満足です。

料理の値段も、1人16,000円で、

金額帯を考えたら、コスパは最高です。


その中でも、お肉料理は、トップレベルの味で、

オススメの白、赤のワインが美味しかったです。

これも、ディズニーマジックかもしれません。

 


そして、恐ろしいのが、

『33』の店内でしか売ってないグッズがあって、

世界で、ここにしか売ってません。

小銭入れ、名刺ケース、扇子、万年筆、ぬいぐるみ、

いろいろあったので、爆買いしちゃいました。

ディズニー好きの女性がいたら、

これを口実に、口説きたいです。笑

店内の写真は公開できませんが、

会社のエントランスに

メニューとか飾っておくので、

ぜひ、見に来てください。

1 2

 

 

よーいドン!!ネガティブ

七星です。


コミュニケーションのコツに、

『いきなり本題を言わない』 があります。

これはすごく重要で、

会ってすぐに、本題を言うと、

トラブルになる可能性が高いです。

退社したスタッフが、

3年ぶりに顔だした時に

残念だな~って思いました。

 


3年前に辞めたスタッフが、

土屋ひろしさんのグループ会社に居て、

ちょっとビックリしたのですが、

通常は、私の友人の会社に勤めるなら、

一言連絡するとか、挨拶とかするべきで、

すこしイラっとしたのですが、

女性だし、もともと、私の友人の妹を、

助ける感じで、雇用した経緯があったので、

気にして無かったのですが、

うちの事務所も新しくなったし、

メルマガのセミナーにおいでと誘いました。

 


セミナーを受講してくれて、

セミナー終了後、私に挨拶に来て、

最初の一言が、

「その服装だと、襟は立てた方が、カッコいいですよ。」

でした。

あ~~、そこから会話に入るんだ~~~。

よーいドン!でネガティブって

こういう事です。

 


じつは、

私も襟のことは気が付いていて、

なんとか、襟を立てようとしたのですが、

どうしても難しいことが

わかっていたので、

あきらめていたのですが、

それを、最初に言ってきたので、

「この子は、ダメだな」って判断です。


悪い子ではなく、素直でストレート、

ウソがつけない子で、

19歳の時からの付き合いなので、

私は大丈夫ですが、

これが、他の子だったら、

私は、付き合いを考えます。

 


最初の印象って重要で、

なにか、用事がある時とか、

なんでもそうですが、

最初に、用件からいうのは、

コミュニケーションとして、ダメです。

毎日電話で話している仲なら別ですが、

数か月ぶりとかの場合は、

やっぱり、近況報告や、過去の話題をして、

それから、用件を言うべきです。

 


3年ぶりに会って、

いきなり、ネガティブな事から、会話をしてくる・・・

みなさんは、気をつけましょう。

でも、元気そうでなによりです。

 

 

300万円を貸してと言われました。

七星です。


2年前に仲が良かった女性から

連絡があって、久しぶりに会ったら、

結論、300万円を貸してと言われました。

女性には、気をつけましょう。

 


なんか、その子の彼氏

私の事を知っているみたいで、

ようは、七星から

お金を借りてこいって指令があり、

それを実行するために

連絡してきたって感じです。


真面目ですごく良い子で、

一緒にいて楽しかったので、

いっとき、よく遊んでました。

途中から、

私が妻子持ちって事が気になって、

たぶん、離れていき、

なんとなく連絡を取らなくなりました。

 


一年後に、いきなり連絡が来て、

電話で話していると、

ネットーワークビジネスのお誘いでした。

何か怪しいとか、

そんな感じの子ではなかったので、

「彼氏ができて、

 男がネットワークビジネスやっているの?」

って聞いたら、答えはYESでした。

ん?って思って、

「もしかして、彼氏は、

 七星明の事を知っているの?」

って聞いたら、

知っているそうです。

しかも、

「もしかして、いま横にいる?」

って聞いたら、彼氏がすぐ横にいて、

七星に電話して、ネットワークを勧誘しろ、

これが電話の理由でした。

 


あれから、一年、また連絡がきたので、

まあ~~、会ってみたら、

今度は、「300万円を貸してくれ」って事でした。

「あの時の彼氏とどうなった?」

って質問したら、

まだ付き合っているみたいで、

なんか、話を聞いている感じだと、

完全にコントロールされている感じでした。

 


女性は、男性で変わります。

最近、感じるのが、稼げない男と付き合うと、

女性は不幸せになる感じがします。

もちろん、お金が全てとは言いませんが、

稼げない男は、女性のサイフをあてにします。

これは、女性の不幸の始まりです。


『愛はお金で買えないけど、

 愛を継続するためにはお金が必要』

これは、私の格言ですが、

自分の彼女が、お金で困っているなら、

彼氏がなんとかするべきです。

それを、何もしないなら、

彼氏や旦那さんの資格がないね。

なんか、ひさしぶりに、

悲しい気持ちになりました。

 


でも、逆もあります。

キャバ嬢が男を操るとか。

キャバ嬢なんて、口説けるわけないのに、

無駄なお金を使いまくる。

高額なプレゼントをする。

女性も女性で、好きなフリをして

男にお金を使わせる。

そして、最後はお決まりのセリフ

「私からしてほしいって言ってないし」

向こうが勝手に、お店にくる。

プレゼントしてくれた。

男も女も、どっちもどっちか。

けっきょく、自分が弱いのがいけないのかな?

 


強くなる。

へんなパートナーを選ばない。

これが重要って事です。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 44