息子が女の子をぶん殴りました

七星です。


私の教育方針は、
子供たちが悪い事をしたら
体罰を与える、でした。


体罰は必要悪だと思いますが、
やり方を間違えてました。

 

深く反省です。

 

最近、私が自宅にあまり帰らないので、

子供たちが私から離れてきていると感じてます。

 

デヴィ夫人と一週間の海外旅行をしている間も、
子供たちが寂しがらなかったと妻から聞いて、
少しショックを受けています。


そこで、ここ一か月は、
できるだけ自宅に帰るようにしていました。


18時に自宅に帰って、家族で食事をして、
その後、出かけるという形にしてました。


やはり、いろんな人と会って、
いろんな遊びをする事も、
私としては必要な行動です。


自宅にいる時に、
たまたま電話が鳴ったので出たら、
小学校の先生からで、

うちの小学5年生の長男が、
女の子とケンカをして、
お腹を蹴って、その子を泣かせたとの事。


もうビックリです。


女性に暴力をふるう事は、
とてつもなくダメな事なので、
さっそく怒ろうと思ったのですが、

ここで、問題は、暴力はダメだよ。
って叱るのに、暴力、体罰は使ってはいけない。


この瞬間、
あれ?私はなにか大きな間違いをしたぞ!
って思いました。

 

これは、これから子育てをする人にも
気を付けてもらいたのですが、

私は体罰は必要だと思っています。
ですが、体罰を与える姿を、
他の兄弟に見せてはダメって事がわかりました。


怒る時は、二人きりで、
他の兄弟がいない環境をつくる。

 

娘がすごく悪い事をして、
本当に聞き分けがない時に、

私が体罰を与えてる姿を、
長男は今まで見てきたので、

女の子に暴力をふるっても
問題ないって心理になってました。


私は攻撃的な人の方が、
人生としては成功すると思っているので、

息子が中学や高校で、
誰かとケンカしてもいいと思ってます。


暴力という防衛手段が使えない人は、
損をしやすいです。


威圧感は必要です。


ただ、女の子に手をあげるとかは、
到底考えられません。


今まで息子の前で、娘に体罰を与えていたことは、
とんでもない教育ミスでした。


息子に女の子には手を挙げてはダメって言っても、
理解してもらえませんでした。
これにはびっくりです。


パパはお姉ちゃんに手を挙げているじゃん。って、
カウンターをもらいました。


なので本当に感じたのが、
見せちゃダメって事です。


これは私の完全なミスです。


今後、これを修正していきます。


小学5年生、自我が芽生えてきた時期、
ここで、いろいろ失敗が見えてくるので、
中学1年生までに、修正しないといけません。


これからしばらくは、自宅での時間を作ります。

デヴィ夫人に世界を教えてもらいました

七星です。


ニューヨーク、ロンドンと、
デヴィ夫人と二人きりで、

一週間、プライベートな旅行をして、
いろんな人を、紹介してもらいました。


その結果感じた事をご報告します。


簡単にいうと、
視野がとてつもなく広がって、
ワールドワイドな考えが芽生えました。


今回、ニューヨークとロンドンで会った人は、
日本で言ったら、孫さんとか御手洗さんレベルで、

ニューヨークや、ロンドンで
世界経済を動かしている人たちです。


そんな人たちと少人数で食事をしたり、
同じ空気を吸えた事は、
言葉で表せない体験でした。


これは、英語を全く話せないとか、
そういう次元の話ではなく、

その場の雰囲気を感じられただけで、
自分のレベルがすごく上がった感覚がありました。


ロンドン、ニューヨークの
社交界のみんな、カッコ良すぎです。


でも、自分で言うのもなんですが、
負けている気はしません。

デヴィ夫人の同伴者として
しっかりとした立ち振る舞いはできました。


英語が話せなくても、できる事は沢山あります。

夫人のエスコートや、
歩き方、姿勢に気を付けるだけで、
しっかりと見てもらえます。


そして、今回お会いした方々が、
東京に来られた時に、私がしっかりもてなす。

この良い流れを作っていって、
これからも世界の空気を感じさせてもらいます。


ちなみに、相手に何かをしてもらいたいとか、
仕事を手伝ってもらいたいとか、
そういうゲスな事を考えてはダメです。


自分より圧倒的にステージが上の人に
してもいい要求は、

・その人が通っているお店を知る
・その人が使っている交通機関を知る
・その人が使っている物を知る
・その人が付き合っている人を知る

同じ空気を吸わせてもらって、
その人の感覚を感じさせてもらう。


何もかもしてもらうって考えではダメです。


そして、今回の旅行で、
世界に通用する商品を手に入れたいと思いました。


ロンドンでも、ニューヨークでも、
海外の人が欲しくなる、お金を払いたくなる、

口コミがおきるような
何かを、残りの人生で手に入れる。


エキスパや、七星というブランドで、
それなりのお金や、経験は手に入れました。

まずは、エキスパ、IBA、携帯ビジネスを
いま以上に完璧なものにして、
次のステージは、無理なく世界を狙いたいです。

44才にして野望が芽生えたかも?


やはり、自分よりステージが高い人と
一緒に過ごす時間は、かけがえのないもので、

今までの自分に無かった考えも生まれるし、
新しい人脈ができて、今までにない体験もできるので、

多少のお金がかかったとしても、
それ以上に、得るものがあります。


ちょうど、6月14日(水曜)に、
デヴィ夫人主催のランチパーティーがあります。

私と一緒に参加してみませんか?

ランチパーティーに参加する


わずかな自己投資で、ステージが高い人と
一緒の時間を過ごせるチャンスです。

服装は、男性はスーツ、
女性は結婚式の2次会くらいの感じでOKです。


私経由の申し込みの方は、
みんな七星テーブルになるので、
私もすぐ近くに居ます。

安心して参加してください。

ランチパーティーに参加する

ニューヨーク2日目 死にたいです

1

※文末に他の写真と動画があります

 

七星です。


なかなか時間が取れなくて、
メルマガを発行できませんでした。

デヴィ夫人は、
連日連夜、いろんな人と会ってますが、
私は、正直、死にたいと思ってます。


英語が話せません・・・。

あまりにも自分がダメすぎて
死にたい気持ちなります。

たぶんですが、
すごい人たちを紹介して頂いています。

ブロードウェイの女優さんや、
ハリウッドの映画監督、
ソフトバンクの孫さんのご自宅を設計した人とか、

でも、まったく英語が話せないので、
今回も相当なトラウマを頂いています。

やはり英語は覚えないといけませんね。

明日からは、ロンドンに移動して、
夫人の娘さんのカリナさんや、
お孫さんのキラン君に会いに行ってきます。


今回、一着しかスーツを持って行かなかったら、
すこし怒られました。笑

なので、ニューヨークでは、
デヴィ夫人が、私を大改造するとの事で、

半日かけて、スーツやカバン等の
買い物に付き合ってくれました。

デヴィ夫人おすすめの
メンズのお店を紹介してもらい、

全てデヴィ夫人チョイスで
服をコーディネイトしてもらい、

スーツが上下で7,000ドル 約80万円、
靴が2,000ドル 約25万円ぐらい
合計で100万円超えましたが、

セントラルパークのすぐ横の、
たぶん最高に高級店で、生地の仕立ても最高によく、

私もそれなりに服は知っているので、
満足の買い物です。

デヴィ夫人と二人でニューヨークに来て、服を買う。

こんな経験はなかなかできません。

即決で購入したのですが、青をベースにした、
英国紳士風のスーツなので、
今度、セミナーの時に披露します。


普段の自分なら、選ばないチョイスですが、
場所に合わせて服の選び。

今回の旅で、世界での服選びを学びました。


夫人には、
海外の社交場に何回も連れて行ってもらって、
5年前に比べたら、少しは慣れました。

死にたいって言ってますが、
死にたいくらいの居心地の悪さで、

快適な空間(コンフォートゾーン)にいたら、
いつまでも成長しません。

つらい環境に身を置いてこそ、成長があります。


昨日の食事会は、とくにつらかったな~~。

テーブルに、英語がまったく話せない私が、
ひとりぽつんと座る苦しみ。

解ってくれるかな~~~。


あと、6回ほど、
ランチとディナーの予定があります。

なので、あと6回苦しみます。笑

2 3 4 5 6 7

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 108