今年は英語を覚える事にしました。

七星です。


今まで、逃げ回っていたのですが、
さすがに英語を覚えないとダメと考えました。

今年の目標は英語です。

デヴィ夫人とお付き合いしていると、
海外でいろんな方と知り合えます。

そこで、英語が話せないのは、
あまりにも、勿体無いです。


そして、10年後、20年後を考えると、
日本の人口は減り続けます。

そうなると、海外から人を集めることで、
労働力を確保できる。

これは、あたり前の話ですが、
私は、海外から人を集めて、
職人を育成する事を考えています。

なので、すごく嫌なのですが、
英語をマスターするように努力します。


あと、エキスパの完成が近づいてきました。

そうなると、私の仕事はほぼなくなります。

そこで、海外留学を考えてます。

結局、私が会社にいたら、
いつまでもスタッフが成長しない気がします。

なので、いっそのこと、
数ヶ月、留守にする事で、
会社がどう成長するか
見てみたいのもあります。

一年後、年末年始のメルマガで、
英語が少しできるようになった。って書ければいいです。

子供たちに
「勉強しろ」って言っていますが、
「パパが英語の勉強をしない」って、
怒られますね。笑


さて、今年はエキスパ完成の年です。

あともう少しで、
イメージ通りのシステムが完成します。

ラストスパートとして、がんばります。


もしかしたら、留学するときは、
七星のメルマガを引退する可能性もあります。

その時は、後継者を見つけないといけません。

メルマガを10年発行し続けてますが、
そろそろ引退かな?って考えてます。

2017年は、特別な年になるかも。

 

 

信用しているからこそ、しっかりと監視する。

七星です。


株式会社エキスパートは、

会社の規律がしっかりしてる方です。

・風邪をひいたらクビ

・月曜日に遅刻してもクビ

・平日22時以降、遊んじゃダメ

とか、厳しいルールがあります。笑

 


この前も、勤退が悪いスタッフがいたのですが、

社内的に、「辞めさせないのですか?」って空気になって、

しっかりとしていないと、ダメって空気があります。

私的には、良い事だと思うし、

それを狙って、社風を作っています。

自衛隊や警察みたいな空気を作る。

これは重要です。


こんな、空気のなかでも、

しっかりと仕事をしているスタッフ達を、

私は信頼していますが、

だからこそ、監視もしないとダメだと思っています。

できごころは、防止しないとダメです。

組織に重要なのが、監視の目です。

例えば、事務所内に、監視カメラをつけたら、

たぶん、作業効率が上がります。

別にそれをチェックする流れを

作る必要もないけど、

あるってだけで、効果があります。

 


あと、うちの電話は全て録音されています。

なので、なにかあったら、

誰がどんな対応をしたか、すべてわかります。

これも、しっかりとサポートしないとダメ。

っていう、抑止力になります。


あとは、エキスパの管理システムで、

スタッフが、どのような操作をしたか、

それもログを取っているので、

あとで調べればわかります。

このように、

なんとなく、監視されているって、

感覚を持たせるくらいで丁度いいです。

『できごころ』 とか 『魔が差した』

そういう言葉がありますが、

組織の人員が、どんどん増えたら、

イレギュラーな事もおきます。

無法地帯はダメです。

スタッフが何か悪さをするのは、

全て、社長の責任です。

刑務所みたいにしてはダメですが、

なんとなくの監視ぐらいは必要です。

 


組織が大きくなってきて、

社長の直下のスタッフだけでなく、

3系統目のスタッフができたら、

権限を決めないとダメです。

スタッフ数で言ったら、10人ぐらいから、

年商で言ったら、3億円ぐらいからです。

・社長権限

・経理権限

・リーダー権限

・一般権限

せめて、この4つは作って、

各権限で、見ることができる情報に、

制限をかけないとダメです。

とくに、お金と個人情報は重要なので、

必要以上に、スタッフに情報を開示してはダメです。

 


よく、友人の会社が崩壊するのを目にしますが、

私からしたら、崩壊して当たり前。

いろいろ、ダメダメ過ぎます。

組織を維持するために必要なのは、

規律と監視、そして権限、この3つです。

今年になって、この3つが

しっかりと機能してくれているみたいです。

これを維持できるかが重要。

良い会社を作っていきたいと思います。

 


いま、MLAクラブという、

経営者の集まりの塾を募集していて、

1月から開催します。

優秀なメンバーだけの勉強会です。

興味がある人は、ご連絡ください。

 

 

帝国データバンクの調査がきました。

七星です。


会社の年商が1億円を超えると、

帝国データバンクから調査がきます。

私のところにも、来ていますが、

その対策方法をお伝えします。

やつらはヤクザです。笑

 


私が過去に、やりとりをして、

面白かったのが、ヤクザです。

本当に巧妙で、心理的に脅されて、

してやられました。

次に、楽しかったのが、税務署の職員です。

ヤクザと税務署は、やり口がそっくりでした。

そして、最近になって、

帝国データバンクも、

ヤクザみたいなやり口で笑えます。

なので、ヤクザ、税務署、帝国データバンク、

この3つが、私は似たような感じと認識しています。

 


帝国データバンクの調査

って、どんな時に入るのか?

それは、調べてもらいたい人が現れた時です。

私の場合は、2回あったのですが、

1回目は、自分自身に

2億円の生命保険をかけた時です。

マニュライフ生命を使ったのですが、

たぶん、そこが調べてきました。

2回目は、大手電機メーカーの子会社に

仕事を依頼した時に、

その会社が調べてきました。

 


あと、不動産を借りるとき、

銀行も帝国データバンクの情報を使います。

会社を経営していて、

帝国データバンクから調査員が来たらどうするか?

基本的には、調査を受けた方がいいです。

決算書の開示を求められたら、

黒字だったら出した方がいいです。

拒否をしても、それほど問題はないけど、

調査がはいるって事は、

誰かが、あなたとお付き合いをしたいけど、

どうしようって迷っている場合と、

ライバルが調査のため、このどちらかです。

そこをよく見極めてください。

 


そして、帝国データバンクの調査員を、

私がヤクザって言っているのは、

いろいろ売り込んでくるからです。

ヤクザと同じ話術を使って、

いろいろお金を取ろうとしてきます。

私は、年間10万円

調査会員になるのはアリで、

新聞ぐらいは取ってあげてもいいと思います。

公平に調査をするのですが、

ちょっとお金を使うと、

少しは、良く書いてくれる傾向があります。

ただ、思ったほどではなくて、

しっかりと調査してくれているくらいの感じで、

公平な調査をしているのは間違いないけど、

まぁ、仲良くなって、損はないと思います。

 


会社が大きくなると、いろいろあります。

帝国データバンクから調査が入ったら、

会社として、一人前に近づいたことかもしれませんね。

東京23区内なら、私の担当を紹介します。

すごく頭がいいので、アリです。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 75