北朝鮮 二日目 宝物庫に行きました。

000

 

七星です。

 

二日目は朝からバスに乗って

妙香山にある、国際親善展覧館

行ってきました。

 

ここは、

世界各国から寄せられる

 

金日成主席と金正日総書記への

贈り物を展示している建物です。

 

 

中に入ったのですが、

まさに金銀財宝って感じです。

 

 

世界各国からの

贈り物を展示している

国際親善展覧館ですが、

 

写真は完全NGなので、

ほぼ、お見せできないのですが、

 

パンフレットを購入して

スキャニングしたものを公開します。

 

001※片側だけで、4トンある扉

 

 

中の宝物庫には

下記のようなお宝が展示されてます。

002 003 004 005 006※お宝写真

 

 

そして、ビックリしたのが、

プレゼントには、列車もありました。

 

列車は中国の毛沢東から。

 

007※列車の写真

 

 

写真はないのですが

プレゼントの極めつけは、

飛行機です。笑

 

ソ連のスターリンから

プレゼントみたいです。

 

なんか次元が違う話でビックリです。

 

3万点以上あるみたいで、

全部見たら一年かかるそうです。

 

 

これだけのプレゼントを

されるって凄いです。

 

全部で、数千億円の

価値がありますね・・・

 

 

あと、金正日総書記の

ろう人形が展示してあって

お辞儀をしてきました。

 

あまりに精工すぎてビックリです。

 

008※ろう人形の写真

※この写真のみ他のサイトから引用しています
 引用元:http://www.wikitree.jp/story/3133

 

そのあとは、近くにある

妙高山ホテルで食事をしました。

 

総大理石のすごく綺麗なホテルでした。

009

010 011 012 013※妙高山ホテル

 

 

この日は戻りが18時を過ぎたので、

ホテルにある回転レストランで食事をして

そのあとカジノに行きました。

 

びっくりするくらい、

いい加減なカジノで

 

パスポートのチェックもないし、

店員があくびしているし、

 

このような時は、

北朝鮮だな~って、逆に安心しました。

 

 

このあたりから、

北朝鮮に対するイメージが

変わり始めました。

 

ガイドさんや、いろんな場所で会う人

全ての人達が素直な人達ばかりでした。

 

そして、民族として

誇りをもって生きています。

 

 

これだけの経済制裁を受けて、

ここまで成長していることを見ると

優秀な民族だと実感です。

 

 

戦後の日本に

タイムスリップした気分です。

 

 

国家としては、どうかと思いますが、

市民や民族としては、日本人が忘れた

何かを持っていると思います。

 

素晴らしい人達ばかりでした。

 

 

ここらへんからガイドさんが、

イジられキャラだと解り、

からかって遊んでいました。

 

最初は怖くて仕方がなかったのですが、

同じ人間だし、決して悪い人ではないです

 

 

私は疑り深い性格で、

それほどバカではないと思います。

 

なので、慎重に言葉を選びますが、

民族性としては、素晴らしい国だと

確信しました。

 

そして、北朝鮮を一言で表すと

宗教国家です。

 

金日成主席と金正日総書記を神格化して、

国をまとめています。

 

 

平壌に4日間滞在しただけで、

この2人がすごく良い人に思えてきて

好きになりました。

 

ここはすごく勉強になりました。

 

 

私は12才まで創価学会の

英才教育を受けていたので、

なんか創価学会みたいな街でしたね。

 

作りや、やり方がそっくりです。

 

ただ、良い悪いではなく、

それを国民が受け入れていて、

楽しんでいると感じました。

 

自分の価値観を押し付けてはダメです。

 

 

アメリカや日本の価値観を

北朝鮮に押し付けることは

どうでしょうか?

 

たしかに拉致問題とか

悪い事をしてきたけど、

 

外部の力が悪で、ほっといたら

自然に解決するのでは?

 

イラクも、フセインがいなくなって、

メチャクチャになった地域の問題に、

 

アメリカが加入することで、

問題が大きくなっている気がしましたね。

 

 

中国、韓国、日本、

そして北朝鮮だけなら

ここまで関係がこじれてないと思います。

 

難しい問題です。

 

 

急激な力は悪です。

 

100年後には

自然に統一されているような・・・

 

 

私から見た北朝鮮は、

悪い国ではなかったです。

 

それは良い部分だけを

見たと理解していても

そう感じましたね。

 

 

明日は、金日成主席と金正日総書記の

ご遺体を見てきた話です。

 

防腐処理されているので、

見ることができます。

 

ビックリでした。

 

 

北朝鮮から戻りました。

09

※記事中にも写真が盛りだくさんです!

 

七星です。

無事に北朝鮮から戻りました。

 

これから数回にわけて

5日間の滞在で感じた事を

お伝えしたいと思います。

 

今回は、副首相に会ったり、

現地の新聞、テレビに

私の顔がばっちり映りました。

 

まだ一回しか行ってないので、

どう判断していいか解りませんが、

私の中の楽しかった国ランキングが

 

1位 ドバイ

2位 北朝鮮

3位 シンガポール

 

と書き換えられたほど、よかったです。

家族旅行や、社員旅行でも

使いたいと思えるほどです。

 

良い悪いは別として、観光として考えたら

安全で素晴らしい国でした。

 

ですが、帰りに受けた

羽田での税関検査は

びっくりするくらい厳重

ケンカになりました。

 

北朝鮮の物は、エンピツ一本たりとも

持ってきてはダメみたいです。

 

まず、北朝鮮に渡るためには、

北京経由で行きました。

 

羽田から、北京までは、4時間

北京から、平壌までは、2時間です。

ということは、

直通なら2時間の距離ですね。

近くて遠い国です。

 

最初、高麗航空の飛行機が

怖い、怖いと噂されてたのですが、

まったく問題なかったです。

 

01

プロペラ機をイメージしてましたが

普通の旅客機でした。

客室乗務員は噂通り綺麗な人でした。

 

もちろん細かい部分に目を向けると

いろいろ粗がでます。

 

機内食は美味しかったですが質素でした。

02

今回の旅で感じたことですが、

先入観で物事を見ると、

正しい判断ができません。

 

ただ、平壌の空港に着いたときは、

かなり怖かったです。

 

今回の旅で唯一の難点をあげるとしたら

この入国審査と税関検査です。

 

それでなくても、ドキドキしているのに、

厳重な検査でよけい怖かったです。

 

ただ、怖かったのは、この時だけで

それ以降は快適でしたね。

 

今回の訪朝は、

北朝鮮のある委員会の

名誉会長をデヴィ夫人が努めており

その式典への参加が目的でした。

 

空港から外に出たら、

委員会のお出迎えの方がいました。

 

早速バスに乗り込み、

平壌市内に移動しました。

いま考えるとバカでしたが、

怖くて、怖くて仕方がなかったです。

 

全ての行動が監視されている気がしたし、

「何かしたら拉致されるのでは?」と、

緊張感いっぱいだったのです。

 

なので、ガイドさんとの会話では、

慎重に言葉を選んでました。

 

二日目からは、

ガイドをからかって遊んでしたが・・ 笑

 

30分ほどで、5日間滞在する

平壌高麗ホテルに到着。

 

最上階に回転レストランがある、

平壌で一番豪華なホテルです。

 

玄関や内装はすごく綺麗で、

設備的には問題ないです。

03-(1)

03-(2)

03-(3)

03-(4)

到着後は、いろんな場所を観光するために

韓国との国境 38度線にある

板門店(はんもんてん)に出発しました。

 

車で3時間ほどの場所ですが

北朝鮮の高速道路を使って移動しました。

 

道が凸凹すぎて酷かったですね。

北朝鮮のインフラレベルは低かったです。

 

車も少なくて、

200キロくらい移動したのに、

200台ぐらいしか見なかった気がします。

平壌と地方の貧富の差を感じました。

 

途中、サービスエリアで

休憩を取りましたが、

路上に机が並んでて、

品物が置いてあるだけです。

お客さんも私達だけでした。

04-(1)

04-(2)

ちなみに、帰り道も

ここで休憩したのですが、

道の反対に同じ人達が

同じ机、同じ商品で店を開いてました。

ただし、女性は可愛いです。

 

ほどなく、韓国との国境、

板門店(はんもんてん)に到着しましたが

まだこの頃は北朝鮮が怖かったので、

緊張感でいっぱいです。

 

まずは、説明からスタートです。

説明する軍人さんが、

デヴィ夫人の事を知ってて、

『写真を撮ってもいいですか?』って

聞いてきたのが笑えました。

 

同盟国だったこともあって

インドネシアと北朝鮮は、

すごく仲がいいみたいです。

デヴィ夫人は北朝鮮で有名人です。

軍人さんの説明している時の写真です。

05-(1)

05-(2)

05-(3)

05-(4)

そして早速、軍事境界線の38度線へ・・

現在は休戦協定中で、ほぼ観光地ですが、

やはり緊張しますね。

 

この板門店(はんもんてん)は、

北朝鮮が管理警備しています。

06

写真の向こう側の建物が、韓国で、

青い建物と建物の間に、

コンクリートの段差がありますが、

あれが38度線の軍事境界線です。

※正確には38度線はないです。

 

建物の中に入って、なんと、

境界線をまたいで写真を撮りました。

07

板門店の見学が終わってからは、

楽しみにしていた食事タイムですが、

開城で宮廷料理を食べました。

 

開城は、昔の首都だったみたいで、

日本で言う京都みたいな町です。

08-(1)

08-(2)

08-(3)

そのあと、

現地の結婚式の衣装を来て写真を1枚、

韓流俳優みたいでした。 笑

09

一日目の感想ですが、

ドキドキしっぱなしで、怖かったです。

 

ホテルも監視されているみたいだし、

つねに見張られている気がしたのですが、

いま考えると、それが全て間違いで、

へんな先入観で

北朝鮮を見ていたからだと思います。

 

現地の人に言ってはいけない事があります。

まず、北朝鮮と言ってはダメです。

共和国というといいです。

あと、韓国語は完全NGです。

朝鮮語と言ってください。

韓国の事は、南朝鮮です。

 

通貨は、円 ドル ユーロ 

中国の元 が使えますが、

大きな買い物は、円でして、

元でお釣りを貰う方がいいです。

30万円分、ドルにしてきたのですが、

必要なかったです。

 

現地で一番流通している通貨は、

中国の元だった気がします。

 

滞在費用ですが、

ホテル代金が、1日15,000円ぐらい

食事は、1人 3000円ぐらい、 

現地のガイドさんの分も出します。

その他、観光地の入場料は、

一ヶ所 2000円前後です。

なので、1日3万円計算で、

日本円で持っていけば問題ないと思います。

カードは一切使えません。

 

私達は超豪華ツアーでしたが、

それでもこの程度です。

飛行機代は、ビジネスの往復で、

25万円ぐらいでした。

 

北朝鮮に行ってみた感想、

私は、偽りを教わった気がしますが、

すごく好きになりました。

 

明日は、北朝鮮が

宗教国家だと感じた事をお伝えします。

申し訳ないけど、おバカさんです。

20150406

 

七星です。

 

Facebookで、

こんなメッセージをもらいました。

 

・2014年10月13日 深夜1:43
お友達になって下さい(^^)

 

・2015年3月18日 20:24
お友達になっていただけないでしょうか

 

・2015年3月30日 早朝5:47
お友達になっていただけないでしょうか

 

・2015年4月5日(日曜日) 16時
友達リクエスト送りましたので
承認お願いしますm(_ _)m
七星さん宜しくお願いします(^^)

 

・2015年4月5日(日曜日) 22時
どうしてダメなんですか?
承認お願いしますね

 

・2015年4月6日(月曜日) 10時
やっぱりこんな貧乏人には
興味ないですよね(^^)
早く貧乏人は死ねってことですか

 

 

承認しなかった理由は、2つあります。

 

 

まず、1つ目の理由です。

 

あのね、単純に、

お友達になって下さい(^^)

で、友達承認はしません。

 

ツールの可能性があるからです。

 

4月5日(日曜日)16時のメッセージで、

 

友達リクエスト送りましたので
承認お願いしますm(_ _)m
七星さん宜しくお願いします(^^)

 

と来ていたので、

ここで、ツールじゃないと判断しました。

 

 

これまで承認した人は、

メルマガ読んでますとか、

 

私との接点を、

何かしら、説明した人だけなので、

 

このメッセージの場合は

承認しませんでした。

 

 

2つ目の理由ですが、

私はセミナーなどが無ければ

日曜日に仕事をしません。

 

自宅にパソコンがないので、

承認とか、その他の細かい作業は、

会社でしかやりません。

 

スマホで確認するだけです。

 

 

私の考え方の中に、

 

『日曜日に連絡をしてくる人とは

 付き合わない』

 

という考え方があります。

 

あと、月曜日の朝一番に

連絡してくる人

 

 

何か特別な用事があるなら別ですが、

緊急でない限り、

相手の行動や状況を考えたら、

 

日曜日や月曜の朝に

連絡はしないと思います。

 

なので、この人は自己中心的

相手の立場や考えを読めない人です。

 

 

私はどんな人とでも

仲良くなる自信があります。

 

仲良くなれない人はひとりもいません。

※海外の人は苦手です。笑

 

 

その理由は、相手の立場や行動を

しっかりと予測しているから。

 

コミュニケーションの

秘訣はそこですね。

 

 

この人には、そのあたりを

もっと勉強してほしいです。

 

厳しい言い方をすれば、

顔を洗って出なおしてきて欲しいです。

 

 

まとめると、

承認しなかった理由は2つ。

 

・ツール系のシステムの
 自動メッセージだと思った

 

・日曜日はパソコンが手元にないし、
 仕事をしないから。

 

理解していただけましたか?

 

 

人の振り見て我が振り直せ

という言葉がありますが、

 

自分ではやってないつもりでも

似たような事をしていないか

気をつけたいと思います。

 

 

1 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 96