【七星自伝/第1話】 まえがき

自分でいうのもおこがましいですが、

私、【七星明】は、

すごく変わった人生を歩んで生きています。

2016年、これを書いている

今年で44歳になりますが、

普通の人からすると

本当にたくさんの出来事があった

【激動】とも言える

20~30年を過ごしてきています。

でも、そのたくさんの出来事のうち、

どれか1つでも足りなかったり、

なにか1つでも切れてしまったりしていたら、

今の私は存在すらしていなかったのです。

今現在は、世界中のどこへでも、

北朝鮮でさえも行けるようになりましたし、

日々たくさんの素晴らしい人たちとも

出会っていますし、

全く予約が取れない高級レストランへも

通えるようになって、

人よりは楽しい人生を

歩めるようになったと思います。

でも、今のこの【七星明】が存在するのは、

誰よりもたくさんの経験をして、

誰よりもたくさんの失敗をしてきたからです。

子供の頃から、

それこそ小学生・中学生の頃から

変わった経験をたくさんしましたし、

高校時代から現在に至るまでは正に

『【激動】の2文字以外当て嵌まらない』

という感じです。

これから、私が今まで

どういう人生を歩んできて、

どういう工夫をして、

どういう失敗をして、

どういう繋がりを形成してきたか、

という半生を語っていきたいと思います。

全部の話が繋がっていくと、

【七星明】というキャラクターが

どうやって出来上がったのかが

紐解かれていくと思いますし、

私の失敗の話が、そして乗り越え方の1つ1つが、

あなたが人生の成功の、何か助けになれば、

すごくうれしく思います。

なにも、私と同じ失敗をしなくてもいいとは思います。

本当に、いま私が生きて、この文章を書いているのが不思議です。

よければ、何かの気づきになっていただけると幸いです。

次の話へ ⇒ 【第2話】 先輩が殺されました

七星自伝一覧へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。