船橋アンデルセン公園は危険です。

七星です。

 

2006年7月31日、小学2年生の女児がプールで、
吸水口のパイプに吸い込まれて
死亡する事故があったの覚えてますか?

あの時、私は、
国営っていい加減な管理なんだろうな~って
思ったのを覚えています。

 

この前、船橋アンデルセン公園に
子供たちを連れて行った時、

子供が怪我をして、
いろいろ大変な目にあいました。

 

今になって思うと、
国が管理している遊び場は危険がいっぱいです。

 

いま思い出してみると、
船橋アンデルセン公園は、
安全管理がずさんでした。

 

多くのアスレチックがありますが、
子供が一人でやるには難易度が高く、
危険な遊具がいくつかありました。

 

あとは、やっぱり
職員の意識が弱い気がします。

 

立川にある昭和記念公園みたいな、
しっかりとした国営もありますが、

船橋アンデルセン公園は、
よくよく考えてみると危険です。

 

それを思った理由は、
子供が怪我をしたので、
近くの病院に救急車で行ったのですが、

アンデルセン公園で怪我をした子達が、
同じ日に、他に3人いて、
一人はギプスをして廊下を歩いてました。

 

同じ日に、3人の子供が怪我をして、
病院にいるって、やばいですよね。

 

夏休みで遠方から、
アンデルセン公園初心者が集まってくるので、

病院関係者も、
今日はアンデルセンからの
けが人が多いよね~って話してて、

これがディズニーランドや、
民営の遊園地だったら、
大問題になって、しっかりと改善されると思います。

 

事実、さがみ湖プレジャーフォレストにある、
ピカソのタマゴっていうアスレチックは、

オープンしてすぐに遊びに行った時、
これは危ない、怪我するだろうな~って
遊具があったのですが、

数か月後に行ったら、安全対策がされてて、
だよね~~って思いました。

 

あとは、アンデルセン公園の事務局の
体質もあると思います。

 

それから、数年前、後楽園遊園地で、
死亡事故があったのを覚えてますか?

じつは、職人だった15年ほど前に、
後楽園遊園地の工事をしたことがあるのですが、

あの時に、管理事務局の人たちの、
意識がすごく弱くて、
すげ~いい加減な管理局だな~って思ってました。

それから、数年後に死亡事故を見て、
あの時も、だよな~~って感じてました。

 

ってことは、民営、国営って
関係ないのかもしれませんが、

どちらにせよ、いい加減な公園や遊園地で、
子供たちを遊ばせるのは危険なので、

やっぱりしっかり見ていないと
ダメなんだな~って反省してます。

 

あとで、アンデルセン公園に電話して、
少しだけ注意しておきます。

よくよく考えたら、一日3人、
病院に担ぎ込まれる公園って異常ですよね。

 

 

マネーの星の映像撮影をしています。

七星です。

 

マネーの星という番組を
Facebookライブで放送しようと考えていて、
いま、いろいろ準備してます。

撮影の手配をしたり、
私がプロデューサーとして動いてますが、

独学で映像の技術をマスターした
10年前を思い出してきました。

 

機材トラブル、機材管理とか、
創意工夫の仕方をお伝えします。

 

いま、自社セミナールームを、
撮影所に作り変えてます。

 

カメラや照明、各種機材を買いそろえて、
ちょっとしたスタジオが完成してきたのですが、

実作業をここ数年してなかったので、
忘れてたことが多くあります。

もともと私は職人なので、
まずは自分でやってみてから、
業者に依頼したり、スタッフに任せたりします。

 

なので、カメラや照明、
スイッチャー、音響、編集とか、
映像に関することはなんでもできます。

 

でも、結構忘れてました。

なので、思い出したことをお伝えしますね。

 

まず、機材トラブルがあった時の対処方法です。

 

これは、
「困った時の再起動」って言葉がありますが、
機材で困ったら、リセットをしましょう。

 

今回はカメラの設定で、色温度が合わなくて、
10分ぐらい困っていたのですが、

カメラの設定をリセットして、
最初からやり直せばいいってことを
思い出しました。

 

これは、すべてに通じるのですが、
何かトラブルがあったら、
最初からやり直せばいい。

ごちゃごちゃしている状態から
修正するのは、すごく大変なのですが、

うまくいかなかったら、
最初からやり直した方が確実。

「急がば回れ」です。

 

あと機材の管理です。

カメラや三脚、音響マイクとか、
大量に購入しました。

そしたら機材の保管場所が必要だし、
管理も大変になり、
どうしようって悩んでました。

 

ネットで保管庫を探したり、
よさげな箱を探したりしてたのですが、
一番いい保管方法を見つけました。

 

購入したら箱に入ってきますよね。

その箱を使って、保管場所を作るのが最適です。

 

そもそも、
その機材のために作られた箱ですから、
それを活用した方がうまく保管できます。

 

その時に重要なのが補強です。

通常は段ボールとかなので、
角や端っこにテープを貼ったり、
補強、コーティングしてあげます。

説明書の表面に透明なテープを貼れば、
数年使えたりします。

 

こういうことを忘れてましたが、
少しやるといろいろ思い出してきたので、
やっぱり現場作業は楽しいですね。

 

マネーの星、いろいろ準備中です。

9月中に放映できると思いますので、
楽しみにしてください。

 

星たちから、ご自分のビジネスモデルに
投資してもらえるチャンスです。

マネーの星、出演希望の方、まだまだ募集してます。

 

マネーの星に応募する

仮想通貨、仮想通貨って大丈夫なの?

七星です。

 

最近、デヴィ夫人までも、
仮想通貨の話をするし、

私の周りも、ビットコインの話ばかりで、
うんざりしてきました。

 

みんなお金の稼ぎ方を間違ってますよね。

目指すべきは、
コンビニで売ってもらえる商品です。

 

汗水垂らして稼いだお金に意味があります。

 

そして、お金の稼ぎ方には、
ステージがあります。

 

・お手伝いして親からもらうお小遣い
・10代の時給のアルバイト
・社会人になってのお給料
・副業での副収入
・起業してからの収入
・従業員を雇用して会社としての収益

と、順番があります。

そして、最終的に、
投資をして収益を得る、とかです。

 

20代は、技術を磨き
30代は、技術で稼ぎ
40代は、技術を継承
50代は、投資で稼ぐ
60代は、ゆっくり老後

これが私の考えですが、
みんないきなり、何もしないで、
楽して投資で稼ごうって考えすぎです。

 

たしかに、いま仮想通貨はバブル状態です。

 

情報収集能力が高くて、資金がある人は、
やれば、少ない労力で
高確率で稼げると思います。

 

でも、技術や経験がないのに、
お金を稼いだ人って、
10年後、20年後に破滅します。

あぶく銭は身になりません。

 

簡単にお金を稼いだ人は、
お金に価値を置かないから、無駄使いをするし、
死んだお金の使い方をする人が多いです。

そうなると、いざ、バブルが終わって、
簡単にお金が稼げなくなると、
最終的に無理をします。

 

この無理というのが、詐欺や犯罪です。

 

50代、60代で、
若い頃の栄光が忘れられなくて
破滅する人がよくいます。

 

いま、稼げればいいではなく、
将来稼げるように考える。

そこをもう一度考えてほしいです。

 

仮想通貨は今、バブル時代です。
これがいつまで続くか、わかりませんが、
相当な過熱ぶりです。

 

引き際を間違えなければ、
少ない労力で大金を稼ぐことができます。

 

1ビットコインが、いま50万円ぐらいです。
この半年で倍になりました。

 

さて、これがどこまで伸びるのか。

いま、法整備がまったく進んでないので、

今後、世界でも日本でも、
法律の整備がすすんで、抑止力が働くまでは、
行けそうな気はしますね。

世界情勢を見ていてください。

 

P.S.

ビットコイン以外の仮想通貨は、
ギャンブルですからね。

 

P.S.2

現金貯金の1割以下なら、好きにしていいです。
私も少しビットコインを買ってみます。

 

P.S.3

私がビットコインを買うって
結構、末期な感じですよね。笑

1 2 3 4 5 6 7 8 9 525